「ある」「いる」「する」という単語の処理をちょこっと変えてみました。
さて、どんな按配かな?
話題が飛ぶ原因には2点あって、
会話の流れを追いかけるところで、やっぱり話が飛んでる。形容詞とかが出てくると、弱い。
会話の流れがちゃんと追えていても、それから文章を作成するときに、おかしな文章を生成してしまう。
の2点を発見。でも、解決策は、、、見つかってません。

コメントを残す