留守番が黙っているときは離席になるように変更しました。これで、コーヒーカップかどうかで、黙っているかどうかが判断できるようになりました。
留守番が黙っていても、30分経過すると自動的に発言を始めるように変更しました。これは、黙らせたまま退室してしまったりとか忘れてしまった場合に自動的に発言を始めるようにするためです。
留守番トーカーの開発を開始
これ、SpeechAPIを使ってるんだけど、どうも、SpeechAPIだと、配布条件に問題があるようです。SpeechAPIをやめてMS-Agentに変更するかも。
インストールするのに必要なもの
Windows98,Me,NT4,2000,XP
NET Framework 1.1以降
OfficeXPの音声認識機能または SAPIとTTS日本語エンジン
こんだけでいいんだけどなぁ。日本語発声エンジンがひっかかっちゃうんだよなぁ。

コメントを残す