灰皿

今日、CRVのオプションで頼んでいた灰皿が届いたとのこと。
「んじゃ、とりに行くよ。」
と取りに行ってきました。
あり?部品だけ?取り付けは?
取り付けの担当者は今日はお休みだから明日以降に電話して予約を取ってくれと。
おぃおぃ。
どうも、このあたり、アメリカのディーラーの仕組みを理解していないところにコミュニケーションの問題が。。(根本的におらの英語が弱いので、コミュニケーションが取れてないという話も。)
日本だと、ディーラーで車を買ったら、掃除してオプションをつけて納車してくれる。
それこそ、手続きからなにから何までやってくれる。保険の手続きまでやってくれる。
こっちはどうも違うらしい。
ディーラーってのは、あくまでも、新車の車体を売るお店みたい。
オプションはその場でついていればついている状態で売ってくれる。無ければ、裏の整備工場にオーダーをしてくれる。
保険の手伝いくらいはやってくれるみたい。
んでもオプションの取り付けとかは、ぜーんぶ揃った状態で納車してくれるわけじゃないみたい。
とりあえず、車体が届いたら持ってけと。。。
まぁお店に展示してある車だったらお持ち帰りですわ。
無ければ、近所のディーラーに電話して取り寄せてくれる。
んで、そのまま、くれる。
オプションとかは裏の整備工場に発注まではしてあげるから、あとは自分でやれと。
考えてみたら、電話で整備工場から「灰皿届いたぞ。」「んじゃ、取りに行きます。」「自分でつけるのか?」「とりあえず、取りに行きます。」みたいな会話をした記憶がある。
オプションとかもあとから整備工場の窓口にいって買える。
んで、買ったらその取り付けの予約を取る。んで、取り付けてもらう。
てな流れのようだ。
要するに、
「届いたぞ。」「んじゃ取りに行くよ。」
ってな会話は、自分で取り付けをやるってことになるらしい。
取り付けには、どーせ工賃取られるから、自分でつけるやつも結構いるんだろうな。
灰皿くらい、自分で取り付けられなくもないが、コンソールパネルをばらさないと、今のカップホルダーがはずせ無いので、面倒だからお願いすることにする。
うーん。また明日、電話して予約せねば。
英語で電話かぁ。嫌いなんだよなぁ。何いってるかわからんから。

コメントを残す