Longhorn

マイクロソフトが現在開発している、次期Windowsのコードネームがロングホーンです。
先日LAで行われた、PDC(Professional Developer Conference)をきっかけとして、いろんな情報が出てくるようになりました。
このLonghorn。現在もれてきている情報はすべて開発者向けのものです。
見ていると、
一般ユーザーってなんもかわらんのとちゃうかな。
と思えてきます。
一般ユーザーがLonghornを使うメリットがよくわかりません。
開発側としてはとってもインパクトのあるバージョンです。
開発がすんげぇ楽になるんです。
もちろんそれなりに問題はあるんだけど、開発を楽にさせるためにいろんな知恵が詰まっています。
んでも、実際に使う側のユーザーから見ると、
使うのが楽になる
って知恵に関する情報がなーんもでてこん。
開発が楽になると、ユーザーが楽になるようなソフトがいっぱい出てくるから、ユーザーが幸せになるのかな。
LonghornってXPよりも、一般に普及するのに時間がかかる気がする。
昔のNTみたいに。。。
NTも開発にとってはすんげぇ楽なOSでした。
が、一般ユーザーはWindows95とか、98とか、Meとかを使ってました。
開発しても使ってもらえない。。。
要するに、今の時点で、一般ユーザーはLonghornについて気にしなくてもええってことですな。

コメントを残す