誰でもプログラマ(WSH編)(その1 – 準備)

 今日から、気が向いたときに、「誰でもプログラマ」と題して、コンピュータってどんなふうに動いてるの?ってのを、初心者向けに書いていこうと思います。
基本的に、誰でも再現できることを目指しますので、あんまり細かいことは書きません。
この日記の手順に従って作業を進めていくと、プログラマになった気になれます。
プログラマになった気分になれるというのを大事にしていきたいと思います。



この「誰でもプログラマ(WSH編)」は、Windowsに標準で組み込まれているWSHという機能を使って、プログラムとはこんなもんです。コンピュータってこんなふうに動いてるんです。というのを説明します。
よって、WSHが動かないととっても困ります。

■WSHの準備
あなたがお使いのWindowsは何ですか?

◇Windows95◇
ごめんなさい。面倒なのでサポートできません。一応可能ですが、超初心者の域を超えています。新しいWindowsが手に入ったら再度挑戦してみてください。

◇Windows98◇
マイクロソフトのダウンロードのページの下の方にscr56jp.exeというファイルがダウンロードできます。
724KBのファイルサイズのファイルです。
こいつをクリックして、「開く」を選択するか、ファイルを保存して、そのファイルを実行することによって、セットアップが実行されます。
実は、Windows98にはバージョン1.0が既に組み込まれているのですが、こちらはバージョン5.6なのでアップデートしておいたほうがいいでしょう。

◇WindowsME◇
既に、バージョン5.5がインストールされています。
そのままでほとんどのことが行えると思いますが、一応、バージョン5.6の最新版にアップデートしておいたほうがいいかもしれません。
面倒だったら、あとで、なにか問題があったときにアップデートしましょう。
アップデートするときは、マイクロソフトのダウンロードのページの下の方にscr56jp.exeというファイルがダウンロードできます。724KBのファイルサイズのファイルです。こいつをクリックして、「開く」を選択するか、ファイルを保存して、そのファイルを実行することによって、セットアップが実行されます。

◇WindowsNT4.0◇
マイクロソフトのダウンロードのページの下の方にscr56jp.exeというファイルがダウンロードできます。
724KBのファイルサイズのファイルです。
こいつをクリックして、「開く」を選択するか、ファイルを保存して、そのファイルを実行することによって、セットアップが実行されます。

◇Windows2000◇
マイクロソフトのダウンロードのページの下の方にscriptjp.exeというファイルがダウンロードできます。
729KBのファイルサイズのファイルです。
こいつをクリックして、「開く」を選択するか、ファイルを保存して、そのファイルを実行することによって、セットアップが実行されます。
実は、Windows2000にはバージョン2.0が既に組み込まれているのですが、こちらはバージョン5.6なのでアップデートしておいたほうがいいでしょう。

◇WindowsXP◇
既に最新版です。特に準備は必要ありません。

では、はじまりはじまり。

 

コメントを残す