DirectPlay

チャットをやるならネットワークプログラミング。ネットワークプログラミングといえば、やっぱりDirectPlayでしょう。ってんで、DirectPlayのお勉強。


サンプルプログラムをいろいろ試す。
が、
これがことごとく動かない。

うがー。なんでうごけへんねん。

悩むこと2時間。VisualStudio.NETってDirectX8だったよなぁ。DirectX9入れちゃったのがまずかったのかなぁ。でもヘルプはDirectX9になってるしなぁ。っていろいろ試行錯誤。
俺、ネットワークプログラミングの才能無いかも。。。
ふとしたことで、ネットワークプロバイダの意味がわかる。
ネットワークプロバイダの一覧がいつもからっぽだったんだよねぇ。だから、こいつがなんだか、意味わからへんかったけど、なんのことは無い、TCP/IPとかのベースとなるプロトコルのことだった。
ここになんも表示されないってのはおかしい。少なくともWeb見えてるわけだし、TCP/IPは動いてなきゃ。ってんで、DirectXの最新版DirectX9bをインストールやりなおし。
ったら、ぜーんぶ動くでやんの。

俺、ネットワークプログラミングの天才かも。

ということで、ヘルプについていた、DirectPlayのチュートリアルを最初から最後まで試す。
CのWindowsプログラムって見にくい、って文句言いながら、ソースコード全部読みました。
よーでけてるわ。スレッドとかちゃんと考えられてるし。
大体概念は理解できたと思う今日この頃。
これで実際に自分でコードを書いてみてどんな感じになるかだな。

コメントを残す