恐るべしプログラマブルシェーダー

VertexShaderとPixelShaderの概念がこの本を読むことでだいぶ、やっとわかってきたので、DirectXSDKのサンプルを見直す。今までピンとこなかったサンプルの意味がわかってきた。


新しいビデオカードがあることとあいまって、サンプルのプログラムは恐ろしいことになっている。今のビデオカードってこんなことができるのね。
もっともびびったのがこれ
うーん。こんな表現が俺の持ってるビデオカードでできるのね。
もう、こうなってくると、プログラミングの技術とか数学の知識とかを通り越して、映画の知識とかテレビの映像の知識が必要になってくる。
この手のレンダリング手法を使ったアプリってまだちゃんと見たことなかったからなぁ。
あたらしいパラダイムを見たようで、カルチャーショック。
VertexShaderの使い方で勉強になったのがこれ
なるほどねぇ。とっても勉強になります。
というかこんなことも知らなかったのね。
これからこのコードをじっくり読書。
メッシュに関するお勉強もしなきゃだめだな。
DirectX HLSLも面白そうだし。。。
先のこいつもやりたいし、うーん。やることいっぱい。
んでもこれらの機能を全部つかっちゃうと環境に依存しちゃうかもしれないので、ある程度のところで線を引かないとだめだな。できるだけ多くの環境で動くソフトの方がいいもんな。

コメントを残す