吉野家

吉野家で牛丼が食べられなくなったらしい。


おらも日本いたときは、週に何度か吉野屋牛丼か、松屋定食を食っていたため、日本に行くたびに懐かしさもあって、必ず食いにいく。とくにアメリカでは外食で生卵が食えないので、日本で吉野家に行って、並卵おしんこをセットで頼むのはとってもうれしいことであった。
さて、吉野家は日本にあるだけではない。本事件の当事者のアメリカにも吉野家は存在する。アメリカの吉野家はどうなっているのであろう。
Webを見る限り、なんともないみたい。。。
普通に牛丼を提供しているらしい。
まぁメニュー自体がちょっと違うので一概に比較はできない。
ここで、吉野家USAでのメニューを紹介しよう。
詳しくは吉野家USAのメニューのページを見て欲しい。

Beef Bowl

いわずとしれた牛丼。Regular, Large, Super Largeとある。Regularで日本の大盛程度のサイズがある。Super Largeはとんでもなくでかいのでやめたほうがいい。以前友人がオーダーしたのを見て、なきそうになっていたのを覚えている。
味は。。。。微妙に違うと思う。日本のよりも甘かった記憶がある。
が、既にこっちの味に慣れてしまっている僕には判定ができない。
前回日本に行って食べた牛丼がやたらに煮詰まった汁で、しょっぱかったので、余計に混乱している。
これだけではない。吉野家USAにはいろいろとメニューがあるのだ。

Vegetable Bowl

蒸したブロッコリ、にんじん、キャベツ、カリフラワーを丼飯に乗せたもの。味は中華丼に近い。

Teriyaki Chicken Bowl

日本食といえば定番の照り焼きチキンです。照り焼きチキンが丼飯の上に乗っている。
こっちで食う照り焼きチキンの味である。
ちなみに、こっちで言う照り焼きチキンとは、日本の照り焼きチキンとは定義が違う。
皮付チキンを網で焼く。表面が一部黒くなるまで焼く。
照り焼きソースをかける。
これがこちらで言う照り焼きチキンである。どこで頼んでも照り焼きソースの味が大体同じなので同じ味である。
以前スーパーで照り焼きソースの成分を見たが、みりんは入って無さそうであった。

Breaded Shrimp Bowl

海老天丼のことである。が純粋に海老天だけが乗っているのではなく、付けあわせで、先のVegetable Bowlの具が乗せてある。経験は無い。

Combo Bowl

要するにミックス。BeefとVegeのミックスか、ChickenとVegeのミックス、ShrimpとBeefのミックス、ShrimpとChickenのミックスが選べる。
ただ、ミックスを頼むと味が混ざる。牛丼の汁と中華丼の汁が混ざっているのを想像してもらいたい。お勧めはしない。。。というか、やめておけ。

スープとサラダ

クラムチャウダースープ、チキンベジタブルスープ、チキンサラダ、ガーデンサラダ、マカロニサラダがある。経験は無い。

デザート

チーズケーキ、キャラメルフラン、ストロベリーケーキ、チョコレートケーキがある。
キャラメルフランとは、日本で言うプリンのことである。イギリス英語だとプリンはデザート全般を指す言葉らしい。
サラダと同じ冷蔵庫に入っているのが展示されているが、あまり出てないようで、表面が乾燥しきっているように見える。味は、日本のケーキに近いが、これも、当てにしないで欲しい。

ドリンク

ぺぷし、だいえっとぺぷし、マウンテンでぃゅー、るーとびあ、オレンジジュース、ピンクレモネード、アイスティ、牛乳、コーヒー、お茶がある。
僕が以前行ったときには、チキン照り焼き弁当というメニューや、セットメニューもあった。味噌汁とかおしんことかもあったと思う。
セットメニューは、ソフトドリンク、どんぶり一種、巻き寿司2切れがセットになっていた。生卵は置いてない。
店内の様子は日本の吉野家のようにカウンターになっているわけではない。まさにマクドナルドのシステムである。
セットをオーダーすると、空のカップをくれるので、自分でソフトドリンクカウンターに行って好きなものを注いで、蓋をして、ストローを指して飲みながら待つ。すると、トレイに料理が乗ってでてくるので、それをもって、先のドリンクカウンターのあたりにおいてある、紅生姜やふりかけ(あれなんだ?)を適宜かけてから、トレイをもって、各自好きな席に座って食べる。
どんぶりは陶器ではなく、発泡スチロールの器である。
食べ終わったら、それらの器をゴミ箱に入れ、トレイはゴミ箱の上に乗せて帰る。
もちろん、ToGoを指定すればお持ち帰りもできる。
まぁマクドナルドなどのファーストフードで牛丼を出しているようなものであるので、日本の吉野家のように殺伐とした風景は無い。
蛇足だが一応日本人観光客のために付け加えるが、チップは必要ないと思われる。どうしても払いたかったら止めない。
こっちの連中には牛丼の店というよりも、照り焼きチキン丼の店として成立していると思われるほど、牛丼は流行ってない。牛丼を頼むのはアジア系の人ばかりだ。
初めてこっちの吉野家に行ったときに驚いたのは、
SuperLargeがとんでもなくでかいこと。
メニューが豊富だが定食系が無いこと。
デザートがおいてあること。
である。
はっきり言って、流行ってない。がらがら。
僕が最後にこっちの吉野家に行ったのは、もう2年近く前の話であるので現在は状況が変化している可能性がある。
僕が行ったことがあるのは、LAで2件、SFで1件の3件。
SFは以前、市内のど真ん中にあったのだが、今はもうない。それが僕の行った最後の店である。家から車で30分以上かかるところなので、行きたくてもなかなか通うことができなかった。今はスターバックスになっている。
LAだとあちこちに店があるのだが、SFエリアには店が少ない。SFは僕の行ったことのある店が市内のど真ん中にあったが、LAでは、あちらこちらにあるため、僕が行った店2件は、それほど金持ちエリアではなかったというのもあり、SFよりLAの方が殺伐とした雰囲気は味わえる。24時間営業してたかな?ほとんどの店が夜閉まっちゃったんじゃないかな?
うちの近所で探してみると、
クパチーノ店
サンタクララ店
どっちも家から車で1時間近くの距離である。ということで、なかなか行くチャンスが無いのだ。
チャンスがあったら、行ってみてレポートしようと思う。
ちなみに、味に関してだが、僕の舌は既にアメリカの味に慣れているらしい。
僕はまだまだ日本人の舌だと思っていたが、以前、日本の知り合いとレストランでデザートを食ったとき、
「あ、ここのレストランのデザート、結構甘さ抑えてあって大丈夫だ。」
とばくばく食ってたら「この甘さが抑えてあったら、普段はどんな甘さなんだ?」って言われたため、自信が無くなった。。。

「吉野家」への3件のフィードバック

  1. 日本のFC店オーナーが 最後の牛丼で 泣いていました<TVで・・・・・
    なんか 日本外食産業の危機ですね。。。 何かと・・・

  2. 松屋も今日当たりで底つきです。
    2/15をXデーと見積もっていたら、吉野家の客が流れて
    Xデーが2日ほど早まったとか。
    俺的には、松屋は焼肉定食関係が残っていればそれでいいのだが。

  3. ふりかけじゃなくって、七味じゃないのか?
    味は日本の吉野屋のよりよっぽど七味してる。
    日本のはいくらかけても辛くならん。
    それとご飯時(日本人(エンジニア?)感覚とずれてる)に行くと、
    そこそこ繁盛してるようだよ。

コメントを残す