レイクタホ

3連休を利用してレイクタホにスノボしに行ってきました。


レイクタホってのは、サンフランシスコから東に車で4~5時間(そんなにかからないかも。)行ったところにある、その名の通り、湖を山で囲まれたリゾート地です。カリフォルニア州とネバダ州の丁度州の境界線上にあり、山ではスキーやスノボの場所がいっぱいあります。
今回目指すは、Heavenlyってなスキー場。ここはまさにカリフォルニア州とネバダ州の境界線上にあるスキー場です。
土曜日、8時起床予定が気がつけば10時。毎度のことながら出遅れました。
んで、ずんどこずんどこ目指すこと数時間。

なぜかカジノの町、リノに到着。。。
というのは嘘で、一旦レイクタホに着いてホテルにチェックインしたのですが、中途半端な時間なので、じゃぁここから車で1-2時間でリノに到着できるとのことから、行ったこともないし、夕食はそこにしましょうってお出かけ。。
リノは。。。。まぁラスベガスを知っている人は、ラスベガスに行ったほうが良いです。カジノがパチンコ屋のようにぽこぽこ建っていて、うーん、なんか高級感が無い。。。
普通の街中に一角5-6件カジノホテルが建っているこのあたりがメインのようです。
本当にカジノが好きな人は好きかもしれないけど、他になんも、見たりするものが無い場合はいまいちかも。。。
というか、街中にあるもんだから、駐車場がいっぱいなんですが。。。。
カジノのバフェでお食事。。。カニと海老ばっかり食って、手が痒くなりました。
カジノは。。。。
現金をぜんぜん持ってなかったので($20ほど)やりませんでした。。。
夜遅くスキー場の周りを車で走りたく無かったってのもありますが。。。
日曜日は当然のようにスノボ

ずんどこ、ゴンドラに乗って、山の上の方まで。。。
ゴンドラから、湖(レイクタホ)がきれいに見えます。
ネバダ州といえば、ラスベガスを代表するように砂漠のエリア。
ということで、このスキー場からも、

てなふうに、砂漠が見えます。
砂漠を見ながら、湖を見ながら、スノボします。季節感めちゃめちゃです。
日本のスキー場と違う点は、、、うどん屋やカレー屋はありません。あって、ホットドック程度です。なんか食いたいときはいちいち下まで降りていきます。あとは、仕組みは一緒です。初級、中級、上級、エキスパートにコースが分かれてて、日本みたいにちゃんと逃げ道というか避難道が用意されていて。。。などなどです。チケットも紙ですが、1日券とか大体同じです。
日本よりはマナー悪いかも。。。真ん中でひっくり返ってたり、無茶苦茶な速度で通り抜けたり。。。まぁ空いてますんで、結構なんでもありですが。。。
日本と大きく違うのは、コース内とコース外があんまりはっきりしてませんし、案内も少ないです。自分で気をつけてないと、遭難できます。
ちなみにリフトの地図によると、
スキー場の山のてっぺんは標高10076Ft。3000メートルくらいか?
アフタースノボですが、このレイクタホ。ネバダ州とカリフォルニア州の州境にあります。
ということは、ネバダ州側に行けばカジノホテルがあるわけです。

徒歩10分くらいで、州境のホテルに宿泊していたので、てけてけ歩いて行って、州境。
ELEV6285ってのは、標高6285Feetってことです。2000メートルくらいか?
その向こうには、Harrah’sとかCaesasなどの大型カジノホテルが数件。。。リノよりもリゾート感があっていい感じ。
お食事はホテル内のファミレス?レストラン内でキノを2回ほどやって玉砕。
カジノは、、、
実は、昨日の所持金$20をお昼代として支払ったので、現金がほぼゼロ。さっきのキノで全部でした。。。さすがのおらも、現金ゼロでカジノって気分ではないので、カジノには行かなかった。。。カジノ内のATMって手数料が高いから好きじゃないし。。。。
さて最終日。
筋肉痛になるのがわかっていたので、午後から半日券で活動する予定で、午前中はうだうだ過ごす。。。が。。。スノボと思いきや、

すんげぇ、霧。。。あわせて、豪雨。豪雪じゃなくて豪雨です。上の方は雪かもしれませんが、ゴンドラ止まってます。朝はまだ少雨だったのに、どんどんひどくなってくる。
仕方なく撤収。。。

大渋滞です。。。。
なんでこんなに混んでるの?ってくらい、大渋滞です。
へろへろになって帰宅。
家に帰ってニュースを見ると、結構ひどい雨だったらしく、Napaの方面は道路が水没してる。。。
おつかれさまでした。

コメントを残す