Sprite

今日は、ID3DXSprite インターフェイスのお勉強


こいつは、テクスチャをビットマップとして、スプライトを便利にやってくれる、ヘルパクラス。
こいつは便利だ。
拡大縮小回転なんでもござれ。
まず、テクスチャを透明色指定で読み込む
んで、そのテクスチャを使って、スプライトインターフェースで描画。
ちゃんとピクセル単位で指定できる。
とっても便利。

おかげで、さくっと、キャラが草原を左から右へ歩き始めました。
ちなみに、ビットマップデータは某所からの無断借用です。いずれ書き直しますからテストの間は許してね。
さて、地図のデータ構造でもかこうかな。

コメントを残す