実インターネットでのテスト

ゆうきに手伝ってもらって、実際のインターネット環境でのテスト


毎度のことながら、実際の試験前のばたばた。
今日のばたばたは、リリース版でコンパイルしたら、サーバーが動かんってこと。
なんのことは無い。
既にデバッグ版1個起動してたのを忘れてて、リリース版を起動したら2重起動になってたって落ち。
レジストリの読み取りがおかしいのかとか、Enumlatorがおかしいのか?とかいろいろ考えちゃったじゃないか。
んで、簡単なインストーラーを作って、ゆーきに試してもらうと、
なんてことは無い。さっくり動く。
ゆうきは調子に乗って10個も起動してたけど、それでもなんてことは無い。さくさく動く。
DirectPlaySDKのネットワークエミュレータで作り出す、300msecとか400msecのディレイなんかよりもぜんぜん快適。日米間の距離を感じさせない快適さだった。
なんか普通にチャットしてしまった。
まぁゆうきのところのネットワークって速いんだけどね。
実世界で動くことが確認されたので、今後の実装に弾みがつきそうだ。

コメントを残す