防犯意識

親の義務で思い出したんだけど、アメリカでは、何歳か忘れたけど(16歳だっけかな?14才だっけかな?)を一人にしておくのは、犯罪で逮捕されます。


例えば、一人でお留守番。これは、犯罪です。親の監督義務を果たしていないということで、親は刑務所に、子供は施設に行くことになります。
ではお留守番して欲しいときはどうするのか。誰かに預けるとか、ベビーシッターを雇うとかします。
よくテレビでやっている、「はじめてのおつかい」。ありゃ、幼児虐待です。それ以前に誘拐されます。
隣の家で子供が一人で留守番してると、近所の人が警察に通報します。
まぁそうゆういみでは、夫婦喧嘩をしているときにも、近所の人は警察に通報します。そこで暴力でもしてようもんなら、ドメスティックバイオレンスということで、とってもやっかいなことになるそうです。これは別の話ですが。。。
去年だっけかな?日本に出張したときに気がついたんだけど、
小学生が登校しているのをみて、なんか恐かった。自分も同じことやってたくせに、アメリカの感覚に慣れてきたんだろうかと思ってちょっと悲しかった。
あれをこっちでやったら、親の監督義務を果たしてないってことで警察沙汰だよな。
こっちの親は必ず学校まで連れて行きます。
というか、最近、日本で、子供の誘拐だの、通学途中の交通事故だの、ってよくあるから、親がちゃんと学校まで連れて行くってのは、考えたほうがいいんじゃないだろうか。
親が学校まで連れて行くと、その時間はたとえ短くても親子で会話するだろうし、親も学校の様子を入り口だけでも見ることができるし、同級生の親と顔をあわせたりするだろうし。悪くないと思うんだけどな。
まぁ面倒ですが。。。
そういえば、おらの知り合いの人が、子供を学校に迎えに行ったら、
「とうちゃんが、迎えに来ちゃいや。」
「なんでとうちゃんだと嫌なの?」
「とうちゃん、英語へたくそで、友達に恥ずかしいから。」
と娘に言われて、猛烈にしょげかえっている人がいます。あんまりにも動揺しているのか「父親としての威厳が。。。」とかわけのわからんことをゆーてましたが。。。
誘拐で思い出したけど、誘拐ってあんまりニュースにならないです。多すぎるから。
んで、人探し(子供探し)のダイレクトメールが良く来ます。本来は政府関係のお知らせの手紙だったりするんですが、その一部に「この子、見かけませんでしたか?」と写真つきで人探しがついてたりします。
最近では確定申告の用紙(の説明の冊子)にそんな写真の記事がついていました。
某回転とびらの事故が大々的に取り上げられているようですが、なんだかなぁ。と思う今日この頃。

「防犯意識」への1件のフィードバック

  1. 送り迎え

    [関連したBlog【防犯意識/cagylogicさん】]
    幼稚園の時は登園、降園の際に親が付き添うのは当たり前だった。それが小学校にあがると、途端に子供一人で登校するようになる。送り迎えの箮.

コメントを残す