チャットソフトのお話

日本に出張してて、しばらくチャットソフトから離れてたら、すっかり間が開いてしまったので、近況を書きます。


まぁぶっちゃけて言えば、なんもしてないです。
おらの場合、記憶力と集中力を頼りにソフトを書くので間が開くと、すっかり忘れちゃうんです。んで、前回の更新から特になんもしてないです。
まぁそれも理由なんですが、もうひとつ理由がありまして。
今、ログインセッションと、地図の切り替えや配送の部分を考えているんです。
この部分には二つの大きな課題がありまして。
ひとつは、今まで、分散的にメッセージを配信して、というか、まぁメッセージドリブンのデザインでコードを進めてきたわけですが、このログインセッションに関しては、メッセージドリブンだけじゃだめで、手続き的な処理が必要なわけでして。例えば、ユーザー名とパスワードを聞いてきてそれに対して応えると、ユーザーの基本情報、どんなキャラクタ使ってるのとか、プロフィールはなんだっけとかを応えたりと、問い合わせて応えるみたいなデータ構造。
その部分の構造をどうしようか、まだ決めかねてるんです。
そうゆうこと考えてると夢は広がって行って、やっぱりキャラクタデータはユーザーが絵を描けたほうが楽しいよなぁとか、でもアニメ書くのって面倒だよなぁとか考えちゃって。。。
もうひとつは、こっちのほうがちょっと頭が痛いんですが、
階段を下りたり上ったり、洞窟や建物に入ると地図が切り替わるじゃないですか。
この配送部分をどうしたもんかなぁと考えてるんです。
地図というか世界のデータ構造ですな。
こうやって、ドラクエ風のアプリを書いているとこのデータ構造って実は結構複雑だってことが最近わかってきてまして。特に物体の手前向こうの処理。
地図ってのは固定です。んでも中で人が活動していた場合、ダイナミックに変化していきます。例えば、岩をこっちからあっちに移動したりとか。
こいつを決めかねてるんですよ。
できれば、クライアントに地図データを埋め込んでおいて固定にするんじゃなくて、サーバーから地図データを配信できるような形にしたいなぁと思っている次第でして。
考えることの量がちょっとおらの頭の限界を超えるようで、うまく分割して処理ができてないです。うまい具合に整理できてなかったんで、まぁ多少ごちゃごちゃのままとりあえず実装してあとで考えればいいかとか、やっぱり趣味のコードなんだからきっちりデザインしてからやったほうがいいのかなぁとか、、、、
ということで、一歩後ろに引いて、地図エディタでも作ろうかなと。。。
んで、地図エディタのこと考えてました。
週末をのんびりすごしてだいぶ頭の中が整理されてきましたので、また再び開発の速度をアップしていきます。
こうご期待

コメントを残す