留学について

留学について考えている人もいると思いますが、アメリカに住んでいるおらから見て、日本人がアメリカに留学することについて、思うことを書きます。


実際、おらには留学という経験がありません。
唯一あるのは、日本で働いていたときに、2ヶ月程度アメリカの学校でちょっとした研修を受けた程度です。実際、一般の人が経験する留学とは違うので、あまり参考にならないかもしれませんが、おらの周りにいる留学経験者(というかそのまま居ついてここで働いている人がほとんどですが)の話を聞いたり見たりして思うことを書きます。
おらの周りには高校留学の人はいませんので、おらが知っているのは、大学留学以上の人たちばかりです。
語学留学について
アメリカに語学留学すると英語ができるようになるかどうか。
日本にいて、既に一定レベル以上の英語力がある人は、アメリカに語学留学することにより、度胸が付くでしょう。また、英語が通じない環境というものになれることもできるでしょう。
逆にある程度英語ができる人でも、アメリカに来て自分の英語がまだまだだなぁって感じることが多いといいます。自分の英語の通じないことに萎縮してしまって度胸良く話せなかったりします。
この点に関してはメリットがあると思います。
通じない英語を使って話す環境に慣れる、そうゆう環境でも図太く生活する度胸が付きます。
でも、それ以上の得るものがあるのかどうか、疑問です。
結局学校へ行って勉強して、家で予習復習して単語を覚えてという、いわゆる「勉強」というものをしないといわゆる英語力は付かないと思います。
英語力って何だって話になってきちゃうんです。
小学校のときに読書感想文ってのがありました。
本を読んで、作文を書いて提出するわけです。んで、先生が添削してくれるわけです。
日本人は日本語を学ぶにあたって、そのような経験をいやがおうにもこなしているわけです。
小学生のがきんちょでもやってるわけです。
んじゃ英語を学ぶにはやっぱりそうゆうことをしなきゃだめなのかなぁと思うわけです。
僕らは中学高校と英語を習ったかもしれません。でも読書感想文を英語で書いた経験なんて無いわけです。ということは英語がアメリカの小学生程度できるためにはそうゆう経験をこなさないとだめだと思うわけです。
そうゆう経験をするのに、留学が適当なのかどうか、僕は疑問です。
語学留学の場合、周りにいるのもやっぱり語学留学生です。
英語が話せないから英語の学校に行っているわけです。そこにはアメリカ人はほとんどいないでしょう。同じような英語レベルの人がまわりにいるので、会話は成立しやすいです。お互いに簡単な単語で短い文章で会話するからです。
すると結局頼りになるのは先生と自分です。
その場合、やっぱり、語学留学ってどうなのかなぁ?って思います。先生だったら日本の英語学校にもいるわけですし。。。
普通の留学の場合
留学で大学に行くのはとっても大変だと思います。とっても尊敬できます。
一般教養はあります。理科やら社会やらを勉強しなきゃだめです。
例えば化学。高校のときに、元素記号を覚えたかもしれません。それらをすべて英語で言えますか?初めて元素記号を覚えるとしても、結局英語と日本語と両方覚えることになっちゃいます。普通の人の倍の苦労が必要なわけです。
過酸化水素水って英語で言える人がどれくらいいるでしょう。(おらも知らん)
学ぶ内容自体は日本でもアメリカでもそれほど差があるとは思いません。
特にコンピュータ専攻の場合は、差がほとんど無いです。学校固有の文化の違い程度のレベルの差でしかないと思います。同じような教科書を使って同じような授業を受けて、同じような演習をこなしているようです。
ただ、授業はすべて英語です。日本人の学生が、日本語で大学の授業を受けてもそれなりに
しんどいのに、不得意な英語で授業を受けて、どれくらい理解できるのか、僕にはわかりません。でも、わざわざ面倒なことしなくても、日本で楽に学んだほうがいいかもって思います。
数学の苦手な人は、数学の授業を英語で受けることを想像してください。もちろん試験も英語ですし試験の内容は日本語と同レベルです。考えちゃうでしょ。
#実際は数学に関しては日本よりもアメリカはちょっとだけレベルが下です。
両方について言えること。
わたしゃ日本の地方大学を卒業しております。そのときの友人は今でも連絡を取り合ってますし、おらが日本に帰ったときに時間が合えば会ったりします。困ったことがあったりしたら、メールで相談したりします。適切なアドバイスをくれたり、励ましてくれたり、ときには具体的に助けてくれたりします。学生時代の友人は金銭やら身分の相違抜きで、助けたり助けられたりできる、僕にとっては重要な、つながりです。
アメリカの学校に行くことによって、アメリカでのつながりを作ることができるというのは、とってもうらやましいことです。語学留学によって世界中から来た人たちとのつながりを作ることができるというのは、貴重な経験だと思います。
こればっかりは、日本の学校を卒業しただけでは得られないものです。
おらには、この経験が無いので、どうにもこの件にハンディを背負っているようで悔しいです。だからといって今更学校に行くのも投資効果としてどうかなぁって考えちゃうし。。。
人それぞれ、日本でのつながりを重要とするか、国外でのつながりを重要とするか違いがあると思います。
日本で生活するにあたって、アメリカでの友人なんて一生関係ない生活を送る人もいます。
普段の生活において、学校で学んだ数学などをまったく必要としないで生活を送る人がいるのと同じです。
日本の学校に行くのもひとつの選択、アメリカに留学するのもひとつの選択です。
あなたの人生設計において、この文章が考え方の幅を広げることができたらうれしいです。
おまけ
ちなみに、アメリカにおいて、日本人が留学するにあたって、ひとつ忘れてはならないハンデがあります。
日本人がアメリカに留学する場合、学生の間は就労許可は出ません。何事にも例外がありますので正確には働くことができる場合もありますが、まぁ学生ビザでは働いちゃだめって思った方が間違いないです。
日本人が日本の大学に行った場合、大学での勉強以外に、アルバイトという貴重な社会経験があります。これが、留学した場合、ほとんどの場合、できません。労働許可が出ないんです。無茶すると「不法就労」になります。将来に影響を与えることが考えられます。
ということで、働きながら留学という、勤労留学生はとっても難しいということになります。(というか通常ありえない。)小遣い稼ぎも難しいです。
もちろん、現地の大学生はアルバイトします。というかほとんど仕事してるんでは無いでしょうか。その社会経験の差がさまざまな影響を与えることがあります。どこで仕事を探すかという話も関係があるので、詳しくはここでは紹介しませんが、ご注意を。

コメントを残す