マップエディタとデータ構造

マップエディタの機能拡張と地図データ構造の修正をやった。



カットアンドペーストとは行かないけど、ドラックアンドドロップで領域のコピーができるようになった。使い勝手はいまいちだけど、これで十分。どーせ俺用のツールだしね。
ついでに地図のサイズ修正の部分も修正。大きくしたとき、小さくしたときに増えた範囲、減った範囲に問題があったのでそれを修正。
XMLファイルに落とすと結構なサイズになることが発覚。このデータをそのままネットワークに流すと泣いちゃうことになりそうなので、転送用のフォーマットを考えて実装。
そこそこのデータサイズになった。もうちょっと圧縮したいけど、あんまり欲張って拡張性とかデバッグのしやすさとかを殺しそうだったので、今の状態に落ち着く。本当はもうちょっと小さくしたい。
これに伴い、多少データ構造の変更を加える。
ついでに、地図間の連携、すなわち、この地図のこの階段は、こっちの地図のこの階段につながってるよ、みたいなデータ構造を追加。
この部分は、あんまり綺麗な形で実装できて無いので、もっとすっきりと仕上げたいなぁ。

コメントを残す