定期預金

ちまちま貯めていた小銭がある程度たまったので定期預金にしてきた。
こっちでは定期預金に相当するものは、CD( Certificates of Deposit)といいます。


ここでアメリカの銀行口座について説明。
こっちで銀行口座作ると普通は、
Checking AccountとSaving Accountが出来上がります。
Checking Accountというのは、日本で言うところの当座預金です。
アメリカでは小切手を一般の人も普通に使うので、Checking Accountを開きます。
というのはあんまり銀行引き落としってのが一般的じゃないんです。銀行引き落としはあるにはあるんですが、一般的には、
請求書が来る。小切手送る。
ってな流れになっています。クレジットカードに関しても、毎月請求書がやってきますので、それにあわせて小切手を送ります。
ということで、これが一般生活用口座になります。
Saving Accountってのは日本で言うところの普通預金です。
ここに預けておくと微妙ですが利子が付きます。
一般的に、口座維持手数料ってのが必要です。
まぁぶっちゃけて言えば、小切手決済のための手数料だったり、本当に口座を維持するための手数料だったりです。この手の口座維持手数料は、給与振込先口座だったり、一定残高以上の預け入れがあったりすると、サービスになることが多いです。
んで、CD( Certificates of Deposit)ってのが定期預金です。
日本の定期預金はよく知りませんが、こちらの定期預金では、
一度にたくさん預けるほど、金利がよくなります。
こちらに、定期預金の金利の一覧があります。
「Select By Term」ってのを選んで「Go」を押すと、期間が選べます。長ければ長いほど金利がよくなります。
「Select By Amount」ってのを選んで「Go」を押すと、金額が選べます。たくさん預ければたくさん預けるほど、金利がよくなります。
日本の金利に比べて結構いいでしょ。まぁその分、インフレが思いっきり進んでますけど。。。
家の値段とか、がんがんあがってるし。。。
こうやってみると、Saving Accountがあんまり使えないってことがわかると思います。
銀行口座を作ると、チェックカードと呼ばれるATMのカードと、小切手帳がもらえます。
預金通帳はありません。毎月1回明細書が送られてくるだけです。
その他Webから残高照会やら振込みやらができます。
もちろん印鑑なんてありません。サインです。
日本だと、CITIBANKがこちらのシステムに近いですかね。
ちなみに、日本のCITIBANKとこっちのCITIBANKは提携していたり資本が同じだったりはしますが、別会社です。
こちらから日本のCITIBANKに入金するのにこっちのCITIBANKでも送金手数料が取られます。
引き出しは、こっちでも気楽におろせますけど。。。(でも円$レートが悪い。。。)
参考までに。

「定期預金」への2件のフィードバック

  1. 現金はどうやって手に入れるの? まさか小切手で?
    あとさ小切手って手数料かかるの? (小切手帳とかは有料なんでしょ?)

コメントを残す