自分の口座から現金を引き出す

質問があったので、自分の口座から現金を引き出す方法についてのエントリー


その1 ATMで
ATMにチェックカードを入れて引き出したり、クレジットカードを入れてキャッシング(借りですが)したり。。
その2 銀行の窓口で
ATMだと一日に引き出せる金額が$300とかにロックがかかっている(安全のため、金額は自由に設定)ので、それ以上の現金が必要な場合は窓口で引き出します。
いわゆるお引き出しの用紙を使って引き出すこともできますし、小切手を自分宛てに切って現金をゲットすることもできます。
その3 スーパーのレジで
このチェックカードって日本で言うところのデビットカードみたいな使い方ができます。スーパーなどでお買い物をするときこのカードを機械に入れて暗証番号を入力するとその場で引き落とされます。
ついでに、Cash Backを指定すると、その金額、レジから受取ることができます。実はこいつは便利で、これを利用すると、ただでさえ現金をあまり持たないので、ATMにも行かなくなります。
小切手は手数料はかかりません。
というか口座維持費に小切手決済手数料が含まれています。
小切手帳は有料です。デザインもいろいろあって、おらのは、「トムとジェリー」の絵柄。おいらの彼女は「モノポリー」の絵柄です。
#小切手にモノポリーってあなた。現金ですなぁ。

「自分の口座から現金を引き出す」への3件のフィードバック

  1. 小切手って現金化されるのが遅れるんだね?
    現金特価っていう販売はないのか?

  2. 小切手に手数料がかからないのは、そういう口座の場合だけです。
    たいていの銀行の一番口座手数料が安い口座では、一枚につき
    いくらかの手数料が取られるものがほとんどです。
    あと、現金特価という販売自体はあります。滅多に見ませんが、
    ガソリンスタンドなどでは時々見ます。

  3. なるほど、勉強になります。コメントありがとうございます。
    普段、小切手に関して手数料って払った記憶がなかったのでこんなもんだと思ってました。
    自分の置かれている環境が、当たり前の環境だとは限らないということですね。
    そいえば、サンノゼのUsersSideで、現金特価って見たことあるような。

コメントを残す