ユーザー作成

ユーザーの新規作成の部分の作成


まず、昨日のログイン認証部分に一部追加。

Client::Connect
Connect関数を通してサーバーに接続要求。このとき、サーバーに渡す情報をpvUserConnectDataとして渡しておく
Server::DPN_MSGID_INDICATE_CONNECT
このメッセージハンドラで認証。成功ならDPN_OK,接続拒否ならそれ以外を返す。
ClientのConnect関数で渡されたUserDataがpvUserConnectDataとして取り出せるので、こいつを使って認証。結果をpvReplyDataにつめる。pvReplyDataのメモリは勝手に解放しちゃいけないので、メモリ確保した識別子をpvReplyContextにつめておく。認証ついでにログインしてきたユーザー情報も取り出せるので、その情報をpvPlayerContextに詰めておく。
Client::DPN_MSGID_CONNECT_COMPLETE
認証が終了するとこのメッセージが取れる。Serverで渡した、pvReplyDatapvApplicationReplyDataとして取り出せる。
pvPlayerContextにはユーザー情報が詰まっているのでそれを使って、ユーザーの初期化。
Server::DPN_MSGID_RETURN_BUFFER
先のpvReplyDataのメモリの解放の許可が出るとこのメッセージが取れる。pvReplyContextを使ってメモリ確保した識別子からメモリを解放する。

下線部分が新しく追加した部分。
ユーザー情報の管理方法を今後大きく変更するかも。。。
次に新規ユーザーの作成。
クライアントから新規作成のリクエストが来たら、
ユーザー名が重複して無いかチェック
して、
DBに新しい項目を作成。
ってな部分を作った。
ユーザー名の重複チェックはDBを検索すればいいから、昨日の処理とほぼ同じ。
ほいほいっと。。。
次にDBに新しい項目の追加の部分。
SQLのUPDATE文の構文忘れたので、調べて作成。
MSAccessのクエリで単体で、構文の動作確認をして実装。
あっさり完成。
ついでに、ユーザーのプロファイルの部分も作成。
とりあえず、キャラクタの種別と、名前の部分の色をDBから読み出して使うようにした。
追加を作ったので、次は更新が欲しいな。
パスワードの変更とか、キャラクタ種別、各種色の情報やらをDBに変更して保存する部分をつくらなくては。

コメントを残す