海外で日本のテレビを見るサービスが差し止め

共同通信が、番組の海外転送業は違法 東京地裁が仮処分決定というニュースを流している。


以前も、ここで話題にしたんですが、とうとう仮処分が決定されたようです。
簡単にここで登場する「録画ネット」という会社について説明します。
最近のパソコンはテレビの録画をすることができます。
この会社はパソコンをセットアップしてくれて預かってくれる会社です。
客はまず、この会社からパソコンを買います。そしてこの会社にセットアップと預かりを依頼します。最初にパソコンを買うのに、パソコン購入費とセットアップ費用。そして月々の預かり料がかかります。
せっかくのパソコンを預かってもらって、お客さんは何がうれしいんでしょう。
そのパソコンを使ってお客さんはテレビの録画ができるんです。
特に海外に住んでいる人たちにとっては、日本のテレビ番組を見ることができるってのはとってもうれしいことなんです。
海外に住んでいる人たちがお客さんです。
この会社に預かってもらっているパソコンをインターネットごしに操作して、留守番録画予約をします。録画されたテレビ番組を海外の家にいながらにして、見ることができるんです。
この会社がやっているのは、パソコンのセットアップ代行と、パソコンの預かり。
録画予約とかテレビを見たりしているのはすべてお客さん。
別に録画予約代行サービスとも違います。パソコンを操作しているのはお客さん本人ですから。
自分のパソコンを使って自分の見たい番組を録画する。ただ、メンテナンスと設置場所は借りる。というポリシーがこの会社でした。
東京地裁はこの会社を「違法な録画代行サービスと変らない」としました。
海外に住んでいる日本人は、インターネットが便利になって、さまざまな日本の情報を手に入れることができるようになりました。
アメリカの放送の多くは日本で見られるようになっているのに、日本のテレビ番組はいまだ不便なままのようです。
日本のテレビ局の一層のサービス向上に期待します。

コメントを残す