GmailをWindowsの“ドライブ”として認識させる実験ソフト公開

GmailをWindowsの“ドライブ”として認識させる実験ソフト公開という記事をINTERNET Watch内で見つけた。


現在Googleが試験中の無料メールサービスGmailの1GBのメール保存領域をWindowsのドライブとして使うことができるソフトが公開されたというニュースである。
実際に公開しているサイトは
GMail Drive shell extension
詳しい説明は
GMail Drive
で見られる。
INTERNET Watchではオープンソフトと紹介しているが、ソースコードが見つけられなかった。めちゃめちゃソースコード読んでみたいぞ。
Gmailをネットワークストレージに改造するプログラムが公開されるで紹介されているように、LinuxでGmailのメール保存領域をファイルシステムとしてマウントしてしまおうというソフトが元のアイデアとなっている。
実際にLinux用のソフトは
GmailFS – Gmail Filesystem
で詳しく出ている。
確かにこのアイデアはGmailだけじゃなくて、YahooメールでもMSNメールでも使えるので、とっても面白いアイデアだし、複数の人でファイルを共有したりするのにも使えてしまうとっても良いアイデアだと思う。
こうゆうあほなアイデアを思いついて、それをあっという間に実物にしてしまう行動力を、すんげぇかっこいいと思うし、尊敬してしまう。
うーん。すごい。

コメントを残す