Romeo & Juliet

サンフランシスコバレーのロミオとジュリエットを見に行った。


8時開演ということで、7時に家を出る。
8時15分前には現地に到着。しかし、駐車場に入るところで大渋滞。
どうも、バレーシアターの向かいにある建物でもオーケストラか何かの催し物があって、駐車場があふれている模様。
いつもの立体駐車場は満車。その向こうの駐車場にとめる。
そんなこんなしていたので、毎度のことながら遅刻。
中に入れてもらえないかと思ったが、中には入れてくれた。
が、席に座らせてくれない。一番後ろの通路で立ち見。
幕と幕の間で席に移動できるんだろうと、甘く見ていたら、おぃおぃ、いつまで立ち見なんだ?ずーっと立ち見。
最初の1時間が過ぎたところでようやく、1回目の休憩。席に座れる。でも一番後ろの席。座れるだけで、位置はあんまりかわらんじゃないか。まぁ見やすいけどちょっと遠いな。次回はもうちょっと前がいいな。
ロミオとジュリエットはストーリーは知ってたけど、見に来るのは初めて。それもバレー。
台詞が無いので、難しい。こりゃ予備知識がなかったらじぇんじぇんわからん。
ロミオはどうしてロミオなの?ってなのも当然台詞はなし。
そやけど、ひとつひとつの、幕がとてもきれいで、まさに絵のよう。という表現がぴったり。
とっても面白かったです。
バレーの後は毎度のことながら、ブラザーズで焼肉。サンフランシスコで何か催し物があるときのコースになっちゃってるな。

「Romeo & Juliet」への1件のフィードバック

  1. 人から聞いた知識ですけれど、ウェストサイドストーリーは、現代版の、ロミオとジュリエットなのだそうですね。なぜ今それを書いているかというと、4月末だと思いますが、渋谷にオープンする、「ヒカリエ」のこけら落としが、その、作品だからです。友人が渋谷に住んでおり、すでにチケットを、取っており、楽しみにしているそうで、私も、あそこにビルが出来上がるのが、楽しみです。先日は文化村、ル・シネマで、(一人で映画に行くことも多いのですが)ギターのパコデルシアの出てくるのが、見たくて、見たはいいですけど、空気がすごく悪くて(空調とか)私も眠ってしまったのですが、友人も眠って、そして、すっごいいびきの音がたかだかと、響き渡って、私どもの前の席のおばさまも、いびきの音がすごかったです。私はロミオとジュリエットはまだ見たことがありません。英語で、できたら、見たいものですね。

コメントを残す