Sequoia & Yosemite(その1)

SequoiaとYosemiteに行ってきました。


月曜日がメモリアルデーなのでこの週末は3連休。その上、今年は初めて、Yosemite Lodgeの予約が取れたんです。月曜日と火曜日ですが。
土曜日日曜日とキャンプ場を押さえて、月曜日火曜日とロッジで宿泊というのが目標だったのですが、土曜日日曜日のキャンプ場の競争率はさすがに高く、ヨセミテは予約できませんでした。代わりに、セコイヤのキャンプ場を日曜日に予約。
土曜日は準備の日。
日曜日はセコイヤでキャンプ
月曜日、火曜日はヨセミテロッジで宿泊
という予定。
日曜日、朝6時に起きて、おにぎり作成。8時半には出発です。
まず101を南下。ギルロイで152号を東に向かいます。

湖の横を抜けて、5号に向かいます。

5号を南下。

しばらく行くと、フレズノこっちという案内とともに180号のサイン。180号を西へ向かいます。

フレズノを通り過ぎてどんどん180号を西へ向かうはずなのに、フレズノ郊外で180号をちょっとだけ見失って迷子に。道なりに行ったらいつの間にか180号じゃなくなっちゃうんだもん。途中で左折だった。でもなんにもサイン無いんだよ。唯一あるのは、Kings Canyon Rd。ってそんだけかい。
30分ほど無駄にしつつも無事に入り口へ。

入り口で$10支払います。キングスキャニオンとセコイヤは繋がっています。今回はキングスキャニオン側の入り口から入って、セコイヤ側へ抜けることにします。

ここまでで既に1時過ぎ。
そろそろおなかがすいてきたので、入り口からすぐのところにあった、でっかい切り株のあるBig Stumpピクニックサイトでお弁当。おにぎりを食べます。この時点でかなり涼しいです。なんでこんなに涼しいのかしら?

お昼を終えたらそのまま、セコイヤ側へ向かいます。

雪が残ってるんですけど。そりゃ寒いでしょう。標高6000ft(2000m?)だってよ。
セコイヤ側の、Lodgepole Visitor Centerへ向かいます。
ここでは、Cristal caveのツアーの予約をします。
今日の分は既にいっぱいで明日の分なら予約できるとのこと。11時のツアーを予約します。明日現地集合。ここから1時間半ほどかかるので、早めに行くようにとのこと。
そして、Lodgepoleのキャンプ場にチェックイン。
荷物をおろして、テント設営して、一休み。

周りはでっかい木がいっぱい並んでます。

あんまりにも寒いので6時過ぎに火をおこします。まぁ日が落ちて暗くなるのは8時半過ぎですから、暗くなってから火をおこしてちゃ、いつまでたっても晩御飯食べれませんから、明るいうちからはじめます。隣の家族連れのサイトなんて、まだ明るいのに8時過ぎにはテントに入って寝ちゃってました。

本日の晩御飯は、非常に簡単。
鶏のもも肉に、塩コショウして、味噌(前回の卵黄の味噌の残り)を塗りたくります。
こいつに、シメジ、ニンジン、レモンの薄切り、バターを添えてアルミホイルでぐるぐる巻き。
鮭の切り身に塩コショウ。同様にシメジ、ニンジン、レモンの薄切り、マヨネーズを添えて、アルミホイルでぐるぐる巻き。ここまで前日に用意が済んでます。
現地ではアルミホイルの塊を焚き火の炭になっている部分に埋めるだけ。
しばらく火遊びしてれば、出来上がります。
中まで火が通っているか確認するために、ちょっと切れ目が入れてあります。
とってもおいしく出来上がりました。多少燃えましたが、細かいことは気にしません。

寒いので薪を長時間持たせようと、ちまちま使ってたら、うまく火が出ないことを学習。ちまちま使うとすぐに炭になっちゃうようです。ある程度まとめて燃やしたほうがキャンプファイヤーっぽくなるようです。まぁ横着して巻き割りをせずにでかいまま放り込んでるから余計に火がでないんだけどね。
食事が終わるとヨセミテと同様、熊がでるので、食べ物はすべて、この鉄製の箱にしまいます。

キャンプサイトのそばには川が流れています。
夜になると、雲も無くなり、月も出てないので、星がすんげぇきれいでした。

ちうかね。寒いんですよ。
ということで、今日は早く寝ます。
おやすみなさい。

コメントを残す