リンクユニット

当サイトではGoogleのAdsenseを表示している。
左側にリンクユニットと呼ばれる広告をひとつふやしてみた。

当サイトでは今まで2箇所にGoogleのAdsenseと呼ばれる広告を表示していた。

ひとつは右側。Amazonのリンクの下あたり。
もうひとつは、各記事の一番下。
である。

GoogleのAdsenseは該当するページの文章を解析して、そのページにふさわしいとGoogleが思う広告を表示している。
これが結構、おもしろい。もちろんこれはGoogleが手動で広告を選択しているわけではない。Googleのロボットが該当ページを解析し、自動的に判断しているわけだ。

しかしこの判断、ソフトウエアがやっているだけに、結構おもしろい文章を出してきたりする。 たとえば先日の眞鍋かをり嬢のBlog「Kawori’s Chronicle」友に苦言 の記事では、同棲についての文章であるが、これに対して、Googleは探偵事務所の広告を表示している。

まぁ気持ちはわからんではないけれど、妙な具合にツボにはまっている。

もちろんうまく判断できないときや、最適な広告が無い場合もある。そのようなときは広告は表示されないように設定している。一般的には人畜無害な広告を表示するように設定している人が多いが、僕は、なんとなく面白くないので、そうゆう場合は消すように設定している。

さて、このたび、左側にリンクユニットと呼ばれる広告を追加してみた。

リンクユニットは、Google が AdSense サイト運営者様にご提供している新しい形式のテキスト広告です。リンクユニットは、お客様のコンテンツ ページに掲載される Google 広告を絞り込むコンテンツ ターゲットアルゴリズムを利用して、お客様のページに関連したキーワードのリストを表示します。ユーザーが各キーワードをクリックすると、関連広告のページに移動します。

要するにこのリンクユニットでは、該当ページに関連したキーワードのリストが表示されるわけだ。
たとえば、先の同棲生活という記事では「国際結婚」というキーワードが表示されている。

僕が書いた文章をGoogleがどのようにキーワードに落としているのかは知らないが、どんなキーワードに落とされたのかを知ることができる。

もちろん、関連したキーワードが無い場合は何も表示されない。

記事を読む際はちょっとだけ、そのような部分に目を向けると、また面白いことが見えてくるかもしれない。

コメントを残す