Canon Digital Camera Software Developer Kit

Canon Digital Camera Software Developer Kit(Canon Digital Camera SDK)なるものを発見。

某知り合いに、Canon Digital Camera Software Developer Kit(Canon Digital Camera SDK)なるものが存在することを教えてもらう。

日本でCanon EOS Kiss Digital Nとして売られているものは、アメリカではCanon Digital Rebel XTという名前で売られている。中身がどれほど違うのかはわからないが、ほとんど同じであろう。
Canon USAのサイトにも、サポートのページやダウンロードのページがある。もちろん、Digital Rebel XT Download Libraryのページもあり、そこに、Digital Camera SDKという記述があるのを発見。

General Informationをざくざく読む。
CD-SDKではPowerShot(アメリカではIXYもPowerShot)のUSB経由のリモート操作。
RD-SDKではPowerShotのRAWデータの操作。
RC-SDKではEOS系のUSB経由のリモート操作とRAWデータの操作。
が可能な模様。いくつかはMac用も用意されているが基本はWindows。それ以外は無い模様。基本はCのライブラリ。古いバージョンではVBに関するサンプルもあるみたい。昔はPowerShotもEOSもひとつのSDKだったけど、いつの頃からか別SDKになったみたい。
いいじゃん。おもしろそうじゃん。今まで付属のソフトを使ってきて、いくつか気になる点があるので、いじってみたいじゃん。特に、EOS Captureでバルブができないのは、天体を撮るのに不便だとか、RAWデータを使ってちょっと試したいことがあるので、丁度いいじゃん。このSDKでバルブが可能なのかどうか知らないけど、少なくともRAWデータのフォーマット解析をしなくてもよさそうなので、ちょっとみてみたいじゃん。

気になる記述を発見。

This program is designed to supply the current version of the Canon Digital Camera Software Developers Kit (SDK) to computer programmers residing in North, Central, or South America who wish to develop customized software applications for Canon digital cameras.

要するに、北、中央、南アメリカのプログラマに供給するようにデザインされているとある。 んで、その他の国の開発者はそれぞれリンクがあるので、対応するところを辿って手に入れろと書いてある。対応するところのリンクが無い国の開発者はその地域のCanonの事務所に直接コンタクトを取れと。

実は、日本はリンクが無い。日本のCanonサイトではSDKに関する記述を見つけることができなかった。ということで、日本に住んでいる開発者はCanonの事務所に問い合わせる必要があるようだ。

幸いなことに、おいらは、アメリカ在住。別にアメリカでカメラを買った人だけがダウンロードできるみたいな記述は見当たらない。というかカメラを持っている必要についての記述さえ見つからない。Software License Agreementをざくざく読んでI Agreeとすれば、申し込みフォームが出てくる。
申し込みフォームには名前やら会社名やら住所やら電話番号やらE-Mailアドレスやら、その他もろもろの情報を入力するところがあって、ほいほいと入力してContinueボタンを押せば、しばらくして、メールでダウンロードに必要なサイトのURLとユーザー名、パスワードが送られてくる。んで、そこからダウンロードできるという段取り。当然、住所を入力する際には国名を選択するコンボボックスがあって、日本という欄は見当たらなかった。

半日くらいするとメールが届くのでさくさくアクセスしてダウンロード。展開してちゃくちゃく設定。サンプルコードもあって、いい感じ。

早速、おいらのKissDNがアメリカのSDKからアクセスできるのか、サンプルコードで実験。あっさり写真撮影して絵の取得まで動いた。まぁそりゃそうだろうな。

まだ丁寧にライセンスに関する部分を読んでないので、詳細に関する記述はしない。ざっくりと見た感じ、ドキュメントを翻訳するなみたいなことや、SDKを再配布するなみたいなことが書いてあるので、ちょっと慎重に。
疑問なのは再配布について。このSDKを使って開発したソフトを再配布する場合、日本に対して配布してもええのかどうか。見た限り、スタティックリンクではなくて、SDKで配られているDLLも一緒に配布しないと動かない模様。なんかもやっと。もうちょっと丁寧にライセンスを読まなきゃ。めんどくせぇ。

Google先生に問い合わせると、当然、日本語のサイトではまったくと言っていいほど情報は無い。英語のサイトは結構ひっかかる。
某大陸系の人がSDKがダウンロードできないから、誰か送ってくれぇという依頼してたり(笑)。。。

まぁ自分のやりたいことができるのかどうか、ざっくり試しながらお勉強してみるとしよう。んで、いい感じになものができたら(まずできないけど)再配布について考えるとしよう。

そやけど、なんで日本では配布しないんだろう。

「Canon Digital Camera Software Developer Kit」への2件のフィードバック

  1. 私もSDK入手したくてUSページを見て、さらに日本のCanonに直接問い合わせしてみました。
    結果は、日本ではSDKを公開していないし、入手できる方法、窓口もありません…と断られました。
    つまり、日本では無理なのですね。

コメントを残す