iPod touchでCagylogicをさくさく読む方法

別にCagylogicのみならず、Blogをサクサク読む方法でもいいんだけど。

最初は、iPod touch専用にスタイルシートを書いてやろうかと思ったのだが、べつにそんなことしなくても、コツさえつかめばさくさく読めることがわかったので、やめておく。

かわりにそのコツを紹介。

DPP_0007
iPod touchでcagylogicを見ると、こんな感じで表示される。

DPP_0007 - 1
こいつを3つのセクションにわけて考える。

真ん中のセクションをダブルタップ。

DPP_0008
すると、真ん中の記事のエリアに合わせて、さくっと拡大される。

ドラッグして上下に移動すれば記事は普通に読める。
上の方か下の方をダブルタップすれば、ダブルタップしたところが真中に来るように上下にスクロールされる。

真ん中をダブルタップすれば、もとの大きさに戻る。

なにも、2本の指をつかって広げて拡大することもない。最初は「ピンチ」がうれしくって操作するけど、すぐに飽きる。ダブルタップで十分。

「フリック」と呼ばれる指で軽く払ってスクロールする操作も、何かの拍子にクリックと判断されて、リンク先に飛んじゃうんで。。。

てけてけダブルタップを繰り返せば、ほとんどのページはサクサク巡回できる。

DPP_0009
左の枠、右の枠も同様。ダブルタップで それなりの大きさに勝手にズームインする。

ダブルタップすると、iPhone版Safariはテキストブロックの幅を取得し、ダブルタップ後の幅を特定します。

と、iPhone向けWebアプリケーションとコンテンツの最適化というApple Developer Connection内のページにあるので、信用していい機能みたい。

このドキュメントはなかなか良くできている。何ができて何ができないのか、よくわかる。

「iPod touchでCagylogicをさくさく読む方法」への2件のフィードバック

  1. iPodTouch最高!!
    これは使える。ブラウザとして。
    電池の減りが激しいけど。
    片手で正確に入力するために親指の爪を短くしないといけないな。

  2. ウェブページを保存する機能があると電車のなかでも使えて便利なんだけど。

コメントを残す