VS2008だとPTAMがうまく動かない

先日、Visual C++ 2005 Express でコンパイルして、動いたPTAM

コンパイラの最適化が効いたら、速くなるのかなと思い、Visual Studio 2008 Professionalでコンパイルしなおしてみた。

まぁコンパイルしてみたといっても、本当にコンパイルが必要なのは、libcvd、gvars3、PTAMの3つだけなんだけど。。。

ダウンロードしてきたソースコードに入っているプロジェクトファイルはすべてVisual C++ 2005用。Visual Studio 2008で立ち上げると、2005から2008にプロジェクトファイルを自動で変換してくれるのでそれを利用して、そのままコンパイル。

コンパイルはサクッと通ります。

が、

起動したら、妙に重たい。

なんで?なんで?なんで?何が違うのん?

VC2005でコンパイルしたバイナリを起動するとちゃんと動く。でも、VS2008でコンパイルしたバイナリだとフレームレートが落ちる。というか、フレームレートが悪すぎて、操作がしづらい。

どっかおかしなことになってるのかなぁ。。。こんなことってあるんやなぁ。

「VS2008だとPTAMがうまく動かない」への7件のフィードバック

  1. fkmcといいます。はじめまして。
    PTAMを調べていたら、ここに来ました。
    質問があります。PTAMはコンパイルはできたのですが、
    CameraCalibrator.exeを実行し、calib_patternを映したら、
    黒い四角形に赤い頂点と青い辺のCGが表示されるだけで、
    上にある緑や黄色などのバーみたいなCGが表示しません。(分かりにくい表現ですみません)
    必要なファイルは全部そろってると思うのですが、
    何が悪いのでしょうか?
    ちなみに関係あるか分かりませんが、OSはVistaで、言語はVisual Studio 2005、
    カメラはBWC-30L01/SVです。

  2. 上のメニューは確か、fltkの中で描いていたと思います。fltkのどっかでエラーになってません?
    あと思いつくのは、OpenGLでエラー返してるとか。
    案外、アルファブレンドできない環境で試しているとか。。。
    僕のところでは、さくっと動いてしまったので、Visual Studioでデバッグしないとわかりませんね。コードを追ってどこでおかしくなっているのか追いかけるのがいいかと思います。

  3. コードを見てみましたが、知識不足で、どこでfltkを読み込んでいるのか良く分かりません。
    すみませんが、ちょっとヒントを教えて下さい。

  4. さくっとコードを読んでみました。どうも僕は嘘を書いたようです。ごめんなさい。
    GLWindow2::DrawMenus()でメニューを描いています。

  5. はじめまして、CameraCalibratorです。PTAMのwebカメラしようでしらべていたらここに行き着きました。
    コンパイルは通ってCameraCalibrator.exeでキャリブレーションして、camera.cfgファイルまでは作れるのですが、PTAM.exeを実行すると、
    Parsing settings.cfg…
    !GUI_impl::Loadfile:Failed to load script file “settings.cfg”.
    >? GV3::Register: struct TooN::Vector Camera.Paramaters undefined.Defaults to 0.5 0.75 0.5 0.5 0.1
    !Camera.Paramaters is not set, need to run the CameraCalibrator tool and/or putthe Camera.Parameters= line into the appropriate .cfg file
    と出て、強制終了してしまいます。
    この原因がわからないので教えてください。

  6. !GUI_impl::Loadfile:Failed to load script file “settings.cfg”.
    と、原因が書かれていますが。。。

コメントを残す