本の調達

前回の本の調達が日本にいっていたときだから、7月以前。

えらい間隔があいてしまった。

IMG_6067

本10冊、マンガ3冊。雑誌2冊。

完全にタイトルで買いました。

幕府側と志士側との話ではなくて、単純にテロ、クーデターとして見た場合にどのように見えるのかとちょっと興味がわいたので。。。

 

よく言われるんだよね。アメリカ人ってバカ?って。

悪く言えばバカだし、よく言えば合理的。合理的なのを追求するとバカにみえるんじゃないかな~と。

逆に賢すぎるのも問題だよなと思う今日この頃。

 

いや、僕がわかってないわけじゃないですよ。

ざっくりはわかってるんですけど、そのザックリわかってることが正しいのかちょっと興味があったので。。。

 

世の中の人が、「稼ぐキーワード」というものをどのように定義しているのかちょっと興味があって。

僕の中では僕なりに、「稼ぐキーワード」って定義はあるんだけど、それが世の中の人とどれくらいずれてるのかな~と。

 

日本の風俗業界って凄いと思うんですよ。あれだけグレーゾーンと言われながら、あんなにもいっぱい広告が出てるし。ということで、興味を持ってみました。

 

いや、これはね、以前、図解 宗教戦争でよくわかる世界の歴史ってな本を読んだときに、地図で仕組みを理解するってのも面白いよなーって思ったんで。。。

 

アメリカに住んでいると、格差社会って実感するんだけどさ、それが、差別から来るものなのか、それとも本当に格差なのか、その格差って具体的になんのことなのさ、って思ったんで買ってみました。

 

羽生氏は将棋のプロとして有名だが、松原氏、伊藤氏といえば、コンピュータ将棋で有名な先生。最近、エンジニアが書いた文章がとっても読みやすいと感じてるし。

コンピュータ将棋の先生がプロの将棋打ちと話をして、どんなふうに感じるのか興味を持ちました。

 

まぁ完全に僕個人

コメントを残す