NETGEAR ProSafe 8-port Gigabit Desktop Switch GS108

ネットワークのハブの口が足りなくなったので、買ってきた。

15ドルのメールリベート付きで、$75。要するに$60ってこと。

IMG_7036

思ったよりも高くてびっくりした。ハブって$20くらいだと思ってたけど、ギガビットだとこんなもんなのね。

今まで使ってたのが、FS105という、100Mのハブでした。これが5口で1個がUpLinkなんで、実質4個。

この度、過去の玄箱をバックアップサーバとして復活させたら、口がたりなくなったんで調達。

5口と箱の大きさ、かわらんやないかい。

どうせ調達するなら、Gigabitでしょうと。というか、もう、100Mなんて売ってないかと思いきや、普通に売ってるのね。

PoE対応のハブも売ってて、PoEってなんじゃらほい、と思いきや、Power over Ethernetのこと。イーサネットを通じて電力を共有できるらしい。まぁそこまではいらん。どうせ家の中で使うものだし。

さすがに、ストレート、クロスのケーブルの自動認識は知ってたけど、今のご時世、アップリンクの口って決まってなくて、どれがアップリンクなのか勝手に認識してくれるのね。

次に買うときは、全部無線化されるのかな。

「NETGEAR ProSafe 8-port Gigabit Desktop Switch GS108」への2件のフィードバック

    1. あ、ほんまや。

      昔のハブは、UpLinkのポートははじっこの1個だけだったけど、今のハブって、どのポートでも、UpLinkになれるのね。
      って言いたかったですが、前のFS105のときから、どのポートでもUplinkになれたのね。
      アップリンクははじっこの端子だとばっかり思ってました。

コメントを残す