TOSHIBA REGZA 55X3

4KのQFHDパネルのテレビ、東芝 55X3を調べてみた。

東芝 55X3。

USのサイトも調べてみたけど、見つけられなかった。まだUSでは売ってないのかな。

日本のサイトで見つけた、スペックはこちら。プレスリリースでの別紙はこっち

55V型 (1210mm x 680mm) QFHD 3840×2160 = 8,294,4000画素
1pixel 0.315mm (=1210mm÷3840px) x 0.315mm (=680mm÷2160px)

俺の持ってるDELL 2001fp、20インチ 1600×1200のモニタだとピッチは0.255mm。iMac 27インチは2560×1440だと0.233mm。それよりもちょっと大きいくらい。新しいiPadのピッチは、264ppi=0.0962mm。iPhone 4Sは326ppi=0.078mm。

と考えると、55インチはちょっと大きすぎるな。27インチ iMacの倍、面積で4倍だもんな。

商品名 4倍画素 QFHD映像入力アダプター
型名 THD-MBA1
入力端子 HDMI入力端子 1系統4端子
<4倍画素QFHD映像を入力するには4端子を同時に使用する必要があります。>
出力端子 レグザ 55X3 拡張端子 1端子 音声出力端子 1端子
付属品 ACアダプター レグザ 55X3拡張端子接続ケーブル
外形寸法 未定
質量 未定

こいつは2012年3月下旬に発売されるらしい。

というかHDMI4端子を同時に使用するって、HDMIケーブル4本差。まさに、サイズ的にもケーブル的にも、1920×1080のモニタが4枚つながっているようなものだな。2出力付きのビデオカード2枚差しになるのか。このiMacじゃ無理っぽいな。

ビックカメラ.comで10%ポイントで740800円かぁ。もうちょっと安くなって、サイズが小さくなったら、すなわち、ドットピッチが小さくなったら、考えようかな。

コメントを残す