開発元が未確認のため開けません

Mountain Lionから、野良アプリの起動に文句を付けられるようになった。

スクリーンショット 2012-10-23 23.06.44.png

原因は、「システム環境設定」->「セキュリティとプライバシー」の中にある、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可 」の設定。

こいつが、「Mac App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」になっていると、アプリが起動できなかったり、インストールできなかったりする。

スクリーンショット 2012-10-23 23.08.05.png

アプリを開けるだけなら、Ctrlを押したまま右クリックで開くを選択すれば、確認のダイアログとともに実行できる。

インストールのときは、一時的に「システム環境設定」を変更するのが吉。

こうやって、野良アプリは排除されていくのねぇ。プログラマとしては、なんだかやりきれない気分だ。

コメントを残す