CIFS error

だいぶ前から、うちのLinuxが

CIFS VFS: default security mechanism requested.
The default security mechanism will be upgraded from nbtlm to ntlmv2 in kernel release 3.3

とエラーを吐いていたので調査。

うちの設定は、「SAMBAのマウント」や「サイト構築」で書いてあるように、/etc/fstabには

//backup/Public/backup /mnt/backup cifs guest,iocharset=utf8 0 0

と書かれている。どうもこいつがあかんくなったらしい。

askubuntu.comのCIFS – Default security mechanism requested (Mounted Share)によると、”sec=ntlmv2”を追加せよとのこと。

ということで、/etc/fstabには

//backup/Public/backup /mnt/backup ifs guest,sec=ntlmv2,iocharset=utf8 0 0

という記述に変更。

さて、どうざんしょ。

コメントを残す