Verizonの工事

インターネット、電話、ケーブルテレビをVerizonで契約したのだが、こいつにてこずったので、メモ。

理由は、Verizonの労働組合が大規模ストライキをやってるから。

4月中旬にVerizonのホームページから新規契約。5月14日(土曜日)11:00am~2:00pmの間にサービスの人が来て設置作業をしてもらえるとの予約。
当日、1:00pmになって電話。今から行くけどいる?はい、そりゃいますよ。1:30pm過ぎに到着、作業開始。
光回線がアパートの下まで来ているはず。で、このアパートはそこそこ新しいので、アパートの下から部屋までの配線は既にあるはず。ということで、アパートの下で光回線から、アパートの部屋までの配線をつなぐ作業。その後、家の中の配線して終り。のはず。
まず、アパートのマネージメントオフィスに行って、アパートの下の配線室の鍵を借りる。
で、エンジニアさん、アパートの下の配線部屋に行ったきり、帰ってこない。まーびっくりするほど帰ってこない。途中、心配になって覗きにいくと、このアパートで作業するの初めてだから、配線がわからんとかぼやいてる。
で、6時半すぎに、Give up宣言。なんでやねん。
明日(日曜日)に上級のサービスの人、以前このアパートで作業したことがある人をつれてきて作業するとのこと。
はいはい、そうですか、今さら、晩御飯の用意も無いので外食して帰ってくると、携帯の留守電にメッセージがあるのに気づく。
明日(日曜日)は上級のサービスの人はお休みだそうで、月曜日に行きますとのこと。
あーそうですか。
で、月曜日(5月16日)、来やしねえ。。。
昼過ぎにwebで工事の予約状況を確認すると、遅れていますとのこと。
で、4時半すぎにwebを確認すると、3時半から4時半の間に到着するとのこと。
で、5時半すぎにwebを確認すると、状況がわからないので、1-800-VERIZONに電話してねとのこと。
あー、やられたわ。
ということで、電話。これが、まー待たされる。15分くらい待たされた後、文句を言うと、えらい低姿勢の電話で返される。ストライキの影響ですと。で、次の予約は、6月2日。へ?2週間以上あるんですけど。。。
そのかわり、WIFIの端末を送付するので、それを使ってて欲しいと。テレビは使えないし、電話も使えないけど、少くともインターネットは使えるから。と。で、インターネットの工事が終わったら送り返してくれと。
あー、そうですか、そうですか。で、その端末はいつ届くの?24時間以内に届きますと。
期待しないで待つ。当然届かない。
48時間ほどたったころメールが届く。Fedexから。あなた宛ての荷物を受けとりました。あーそーですか。

5月19日(木曜日)朝、なぜか、今日の工事の予約忘れないでね。のメールが届く。いやいや、今日はRMVに行くからおうちにいませんって。むちゃむちゃですな。
RMVでの手続きは別記事で書くとして、昼過ぎ、その帰り道、携帯電話に連絡。運転中なので、おうちに帰ってから留守電を聞くと、今日、近くまで来てるから、もし可能だったら携帯に連絡くれとのこと。
大慌てで連絡、留守番電話。今日いるから、来るんだったら電話くれ。
1時半ごろ電話。今、隣りの建物にいて、もうすぐ終るから、そしたら行くよとのこと。Welcome!

しばらくして、おっちゃん到着。どこにルーターを置きたい、どこに電話を置きたいなどの簡単なミーティングを再び。おっちゃん、ちゃんとアパートの下の鍵もすでに借りてある。
あれ?1時間もしないうちに、工事終了。前回の6時間以上の悪戦苦闘はなんやったんや?
あ、Fedex来た。WIFIの端末届いた。もう、いらんのだけど。。。

ちょっとおっちゃんと雑談。
あれから1週間たって、このアパート群のだいたいの構造が見えてきたんで、早いんだよと。このアパート、配線はあるんだけど、線になんもラベルしてないから、いちいち探す必要があるんだ。でもだんだん慣れてきて、見付けるのが速くなってきたんだよ。なにごとも経験だねぇ。
カリフォルニアから来たの?僕もそうだよ。サンフランシスコ?このストライキの影響でマサチューセッツに呼ばれたんだよ。だから、このへんのアパートの構造に慣れてなかったんだよね。だんだん早くなるよ。実はこの隣りのアパートの工事も慣れてきて、思ったよりも早く終りそうだったんで、連絡したんだ。6月まで待たなくてよかったね。

一時はどうなるかと思ったインターネット関連。片づいてよかったよかった。
下り50M強、上り50M弱のDynamic IPの環境がととのいました。
ルーターはちゃんと、2.4Gと、5Gの両方対応。

で、6月2日にまた工事に来たら笑う。
あ、届いた荷物、送り返さなきゃ。。。

コメントを残す