留守番ロボットデータベース

今日は、留守番ロボットのデータベースの構築
以前、MSNチャットで使っていた留守番ロボットの知識データベースを復旧した。


先日、駄目になったOSの入っていたハードディスクにほったらかしにしてあった奴を回収。
MSDEのデータベースなのでファイルでぶっこ抜いた。
MSDEをインストールして、VisualStudioで同名のデータベースを作成。
フォルダの中を探って、ファイルを入れ替えたらそれで完了。
Rusubanというデータベースと、RusubanDBというデータベースと2つあって、あれ?どっちだっけ?と考える。
Rusubanは450Mバイト程度、RusubanDBは100Mバイト程度。
以前、留守番ロボットのエンジンのテストプログラムとして使っていたソースを引っ張り出してコンパイル。
まずは、Rusubanに接続。Select文でエラー。はずれ。
RusubanDBに接続。ちゃんと動作した。あたり。
あれぇ。留守番ロボットのデータベースってこんなにちっこかったっけ?
記憶を辿ると、ある時期に、データベースの最適化をやって、高速化したことがあったんだっけ。そのときにバンバン、インデックス化したからサイズがちっこくなったんだ。
ということで、現在の留守番ロボットの知識データベースのサイズは100Mバイト程度でした。
とりあえず、メッセンジャーのエンジンに繋いで遊べるようにしようかな。

コメントを残す