カスタムHTMLが保存できない

WordPressのウィジットでカスタムHTMLというものがある。こいつが保存できなくて困ったのでメモ。

CagylogicではGoogleの広告を表示するのに、Google製のWordPressのプラグインを使用していた。しかし、こいつがサポート終了にともない、つかえなくなっていた。

面倒なので、全自動で広告を表示してくれる設定、「ページ単位の広告」の「QuickStart 広告」で全自動で表示していた。

ただ、この全自動、あんまり賢くないみたいで、ページのレイアウトをたまにぶっこわす。

ぶさいくなので、修正したいと思っていた。修正するには、個別のサイズ指定の広告のスクリプトをgoogleに生成させ、そのスクリプトを該当の部分に埋めこめばよい。

埋めこむために、WordpressのカスタムHTMLを使おうとしたのだが、こいつが保存できなくて困った。

うちのWordpressはLolipopサーバーで動いているのだが、ここに搭載されている、WAF(ウェブアプリケーションファイアーウォール)が原因らしい。

参考文献

Lightning TIPs様のカスタムHTMLが保存できない【ワードプレス】

Lolipopのサイトからログインして、WAF設定から、一旦WAFを無効にする。

反映されるまでに5ー10分かかるのがミソ。

無事に保存できました。

作業が終了したら、ふたたびWAFを有効にすることを忘れずに。

 

コメントを残す