両親ご招待

今、さっき、日本に帰る両親を空港に送ってきました。今回のアメリカご招待、えらく喜んでもらえたのはとっても良かったです。


12月31日に日本発SF着。31日1日2日とSFエリアの観光。3日4日5日とラスベガス観光、5日にSFに帰ってきて午後ゆっくり過ごして、6日に帰っていきました。日本に着くと7日の夜でしょう。
SFエリアはこの直前に来ていた彼女の友達のときのルートを参考にしました。
12月31日
朝無事に空港でお出迎え。どうも、オーバーブッキングでビジネスに乗ってきたらしい。う~ん。うらやましい。
到着した日なので、時差ぼけもひどいだろうから、ゆっくりと過ごしました。
家の近所の商店街をぶらぶらしたり、スタンフォード大学行ったり、その近くのショッピングモールをぶらぶらしたりしてました。普段、こんなところで買い物してるんですよってご紹介です。天気はふったりやんだり。
夜は時差ぼけもあるだろうから軽く年越しそばということで、山菜そばを作る。いつもは温泉卵をのせるのだが、今日の温泉卵は失敗。ゆで卵となった。
1月1日
正月ということで、おらが簡単に用意したおせちを昼に食べました。両親が起きたのが昼過ぎでした。飛行機で疲れたのと時差ぼけでしょう。
今年は、黒豆、海老の煮物、数の子、伊達巻だけという、シンプルなおせちです。あとは、母親に雑煮を作ってもらいました。おらが小さいときから食っていた雑煮です。だし仕立てで、もちは焼かずにそのまま、ほうれん草とかまぼこが入っているシンプルな雑煮です。
午後からゴールデンゲートブリッジと、フィッシャーマンズワーフをぶらぶらしてきました。途中から雨がじゃーじゃー。
フィッシャーマンズワーフでは定番のパンの器に入ったクラムチャウダーと、シュリンプカクテルを食べました。これが結構、量がありまして、4時過ぎにおやつのつもりで食べたんですが、おなかいっぱいになっちゃったらしく、この日は晩御飯は抜きです。

1月2日
この日は雨がふったりやんだり。
アルカトラズに行こうと昼前に現地に向かうが既にチケットは売り切れ。やっぱりWebで買っておけばよかった。そのままSONYビル-メトレオンの近くまで移動して車を駐車。メトレオン内のフードコートでピザをお昼として食べました。雨がやんでるのを見計らって、近代美術館の売店へ。店に入る直前に雨が再び。。お店でぶらぶらしながら雨がおさまるのを待つ。
その後、ユニオンスクエア近辺から、市内の市電やら。。このころは日差しが見えるも、再びあめが。。。途中のカフェで市電を見ながらコーヒー飲んで雨宿り。。その後中華街をぶらぶら、ジャパンセンターをぶらぶら。
あんまり買い物に興味の無い人なので、町の雰囲気を楽しむのを中心に。
夜は家の近くのちょっと高級な中華料理店でお食事。またカニ食いました。
1月3日
今日はラスベガスへ移動。飛んでる最中、なぜか酸素マスクがおりてきた。気圧が変化したらしい。天気悪かったしねぇ。でも特に問題は無し。ただ、、、、一旦おりてきた酸素マスクはもう返っていきません。着陸するまでぶらぶら。。。すんげぇ邪魔なんですけど。。
ラスベガスは雨降ってません。快晴とは言わないまでも日本から見れば快晴でしょう。相変わらず空気が乾燥してる。唇が乾いて痛いです。
空港でレンタカーを借りてベラッジオにチェックイン。
うーんさすが高級ホテル。部屋が豪華だ。いつもはベガスのホテルは本当に寝るだけなんで豪華なホテルって今回が初めて。いつもちっこいホテルに泊まってるんで。。。
お部屋はレイクサイド(通り側)ではなくて高速道路側。こっちも遠くまで夜景が見渡せてきれいでした。
この日はベラッジオから南を散策。暗くなってからベラッジオの噴水ショーを見る。タイタニックの曲でした。曲が地味なので噴水もちょっと地味目。
食事はベラッジオのバフェです。いやぁ、このバフェいいですわ。カニも食えるし、シュリンプはちょっと大きめでぷりぷりしてるし、神戸牛のローストビーフもあるし。
夜はカジノ。まずはカジノクラブのカードを作成。さらっとカジノのルール説明。とおちゃんは以前韓国とかヨーロッパとかでカジノ行ったことあるようで、主にかあちゃんに説明。
かあちゃんはスロットマシン、とおちゃんはルーレットやってました。キノとかもやりました。
かあちゃん、上にサブリールがあるようなおまけのある台がお気に入り。勝つわけでもないけど、それほど負けるわけでも無い。とおちゃんは微妙に勝ってたみたい。2時ごろ部屋に戻る。

1月4日
ラスベガスからフーバーダムへドライブ。このへんの砂漠の地形を堪能。途中でInnOutのハンバーガーを食う。フーバーダムに新しく博物館ができてました。駐車場も立派に。
その後、市内に戻って今度はベラッジオから北へ徒歩で散策。
シーザースパレスやらフォーラムショップやらをうろうろ。
晩御飯はちょっと早めにシーザースパレスのバフェ。う~ん微妙。両親はデザートがちっこくて種類があったのに喜んでた。おらにとっては、昨日のベラッジオのデザートでも十分ちっこかったんですが。
そういえば、
うちの母ちゃん、「お肉のコーナーに、ビーフ、ラムの隣にライオンの肉が置いてあったよ。アメリカではライオンも食べるんだねぇ。」と。なんですと?いくらアメリカ人でもライオンは食いません。見に行ってみると、、、Pork Loin………
LoinがLionに見えたようで。。。OとIの位置が逆です。
7時ごろにベラッジオに戻って「O(オゥ)」ってなショーのシアターまで送る。おらはもう以前に一度見てるのでええです。親たちがショーを見ている間、おらはぷらぷらカジノ。
今回はあんまりギャンブルやってないです。この1時間半くらいの間だけです。
スロットちょびっと、ルーレットちょっとだけです。またこれがぜんぜんついてませんで、だめだめでした。
ショーのあとは、ベラッジオの噴水ショーを横目に移動、TIの海賊船のショー、ミラージュの噴火のショーを見る。海賊船のショーは、以前のショーと変わっていた。前のショーの方がストーリーがシンプルで英語がわからない親には前のやつの方がよかったかも。新しいのはちょっとしたミュージカル仕立てでした。
夜はカジノでぶらぶら。3時ごろ部屋に戻る。今回の旅行はぜんぜん勝つ気がしないのでちょびっとだけ。。。一応MegaBacksも$100-くらい貯金しておきました。
深夜12時を過ぎると1月5日でおらの誕生日。カジノカードをスロットマシンに刺すと、「Happy Birthday」の文字が。芸が細かい。。。

1月5日
カジノクラブでカードのポイントの清算と、ホテルのチェックアウト。チェックアウトはやっぱりフロントじゃないとできなかった。
アメリカスタイルの朝ごはんが食べたいとのことで、朝昼兼用で、サンレモのバフェへ。
レンタカーを返して空港へ。空港、めちゃめちゃ混んでて、危うく乗り遅れるところでした。
チェックインカウンターでは長蛇の列のため、直接ゲートへ、ゲートの前に着いたのが5分前。怒られました。もうキャンセル待ち入れちゃったよと。キャンセル待ちで入った人が追い出されて、おらたちが乗り込みました。ごめんなさい。無事にサンフランシスコに帰ってきました。夕方近所のモールへ行ってお土産の足らないものを調達。
夜は、キンケイズというちょびっと高級シーフードレストラン。
1月6日
んで、無事に空港まで送っていきました。昨日のことがあるのでちょっと早めに空港へ。
チェックインしてちょっとコーヒーを飲んで、ゲートの向こうに消えていきました。
あとは、家に着いたよの電話を待つのみです。
両親、えらくラスベガスが気に入ったようで。
こんな楽しいことはもう一生無いかもしれないと、年寄りくさいことゆーてました。
ちょっとスケジュールが忙しかったですが、これに懲りずに次回はあったかい時期にでも来て下さい。
次回くるときは国立公園とかその手の自然などものんびりと紹介してあげたいと思います。

「両親ご招待」への4件のフィードバック

  1. ご両親をグランドキャニオンに連れて行ってあげずですか…
    誕生日でもスロットの確率は同じなの?

  2. そうなんですよ。グランドキャニオン行けなかったんです。
    というのは、「O(オゥ)」のチケットがとれんかったんですよ。その日しか。本当は初日に「O(オゥ)」行って、二日目にフーバーダム経由でグランドキャニオンへ行きたかったんです。
    「O(オゥ)」は7時半と10時半の一日2回公演。
    2日目の7時30分しか「O(オゥ)」取れなかったんですよ。7時には戻って来れないでしょう。
    グランドキャニオンなどの国立公園は次回のお楽しみということで。。
    実は、フリーモントストリートも行けてないんですねぇ。

  3. 一応、誕生日にMegaBacksをやってみましたが、確率、変わってるのか変わってないのか。。。とりあえずなくなりましたので、誤差の範囲かと。。。

  4. 両親ご招待

    2003年末から2004年初めにかけて、両親をこのエリアにご招待したのですが、再び、両親が、遊びに来てくれました。 今回は、ヨセミテとグランドキャニオンへ…

コメントを残す