MANAGED DIRECT X

前回のつづき。引き続き、ウィザードで吐いてきたコードを読書。


Direct3Dに関して、ウィザードが吐いてくるコードの主なるところは、
全画面モードとウィンドウモードの最適なデバイスの選択
全画面モードウィンドウモードなどなどデバイスの切り替えに関する処理のラップ
のようである。
このあたり、ちょっと整理してクラスライブラリを作ろうと思う。
今のままだと、ベースがFormじゃないとだめなんだよねぇ。どうもベースがFormってのが気持ち悪くって。。。全画面モードだとベースがFormでOKなんだけど、なにも派生させることも無いだろうに。。。
まぁGUIが英語になってるからそれを治すのも含めてちゃちゃっと作業する必要がありそう。
命名規則どうしよっかなぁ。センスのいい名前が思いつかないなぁ。

コメントを残す