アメリカにいて日本のテレビを見る

アメリカでは、ケーブルテレビや衛星放送で日本語チャンネルがあったり、インターナショナルチャンネルの中の日本語枠があったりで、日本語のテレビ番組を見ることができる。


この手の番組は、こちらでは民放なので、大河ドラマやNHKニュースなどにコマーシャルが入っていたりする。
これらは普通のテレビでみる番組であるが、最近はインターネットを使ったサービスが登場していた。こちらが詳しくまとまっている。
最近のパソコンはテレビを録画する機能を搭載できるのでそれを活用するわけです。
日本にパソコンを1台用意して、そいつでテレビを録画する。
アメリカでは日本のパソコンを操作して、録画を指示したり、録画した結果のファイルをダウンロードしたりして、見る。
ってな感じです。実際、日本の実家にパソコンを置いて、アメリカから操作している人もいます。
上記の仕組みを会社としてやってくれるのが、先のサービスです。、パソコンを買って、日本国内のこの企業に置いてもらい、アメリカから操作してテレビを録画、ダウンロードして見る。という流れである。
会社としては、パソコン預かりますってサービス。
なんで普通にインターネットで配信してないかと言うと、それやっちゃうと一発で訴えられちゃうからです。著作権だか公衆送信権だか放映権だかがややこしいんだそうです。
自分のパソコンを遠隔操作して自分で録画して自分で見るんだからOKでしょ?ってことにしてるんです。
このあたりの議論は2chが詳しいです。
さて、この手のサービスが今月に入って、ばたばたしています。
日本語.TVがサービスを停止したそうです。
この話は、2chのこのページの257あたりから。。。
サービス差し止めの仮処分申請の可能性がうんぬんと書いてある。
テレビ放送をインターネットで流すってのは法律上はすんげぇややこしいんだよね。
複製権,上映権,公衆送信権,頒布権,譲渡権,放送権。。。
今回はオリンピックの放映権が話をややこしくしているみたい。
オリンピックの放送権って、すんげぇ金額がテレビ局から支払われるわけですよ。
それを支払ってないテレビ局はオリンピックを放送しちゃいけない。逆に、支払ったテレビ局はオリンピックを放送できる。
こちらの日本語チャンネルでNHKニュースをやっているんだけど、NHKのニュースの中で、イチローやら松井やらのメジャーリーグの画面になると、「放送権の問題により画像はありません。」になっちゃいます。差し替えです。
というのは、。NHKはアメリカでのメジャーリーグの放送権を買ってないですし、NHKニュースを買った日本語チャンネルもメジャーリーグの放送権を買ってない。
買ってないのにアメリカで放送しちゃまずいわけです。
高い金払ってるのに、払ってない奴にずるされたら、むかつくわけです。
これって、海外CDの輸入禁止問題にも関連がある話でして。
地域差がなくなりつつある世界で地域差を必要とする分野が今まさに悪戦苦闘しているんではないでしょうか。
でもね。
ワールドカップもオリンピックも日本人のおらとしては日本語で見たいわけよ。
こっちでもオリンピックとかやるけど、日本人のインタビューなんて放映されないし。
金、銀、銅、で日本が銅とったときとかも、やっぱり金の知らん人のインタビューよりも銅の日本人のインタビューとか見たいじゃん。
最近はこんな商品も出てきています。
こいつのNetAV機能を使えば同じことができちゃいます。
このステーション部を預かってくれる会社があれば同じことになっちゃうわけです。
いちいちファイルに落としてインターネットで持ってくるのも面倒だから、テレビ局がインターネット配信してくれたらいいのにねぇ。
僕としては、晩御飯のときにちょっとテレビが見られればいいから、晩御飯食いながらマウス操作したくないんで、最初にまとめて1時間分これとこれとこれ、って操作できたら完璧なんですが。。。
以前、未来少年コナンのDVDを全部まとめて買ったときは、見終わるのに何週間もかかったし。。
確かに日本にいると見る番組って限られてるんだよね。限られてるけど見たい番組はどーしてもみたい。。。
まぁまずは、サイエンスチャンネルを見るので精一杯なんですけどね。

「アメリカにいて日本のテレビを見る」への1件のフィードバック

  1. 海外で日本のテレビを見るサービスが差し止め

    共同通信が、番組の海外転送業は違法 東京地裁が仮処分決定というニュースを流している。…

コメントを残す