金持ち父さんのパワー投資術

金持ち父さんのパワー投資術を読んだ。

金持ち父さんのパワー投資術
金持ち父さんのパワー投資術 お金を加速させて金持ちになる ロバート・キヨサキ (著), シャロン・レクター (著), 白根 美保子 (翻訳)

相変わらずだが、本のタイトルと中身が一致しない。ちなみに、元のタイトルは、「Rich Dad’s Who Took My Money? Why Slow Investors Lose and Fast Money Wins!」
訳すと、「金持ち父さんの誰が俺の金を持ってった?なぜ遅い投資家たちが負けて速いお金が勝つのか。」こっちのほうが本の内容と一致している。結局、本を売らなきゃいけないから、アイキャッチーなタイトルに変えてるんだろうな。

内容はまさに英語版のタイトルのとおりなんだけど、もうちょっと言うと、金持ち父さん貧乏父さんでの話をもうちょっと具体的にした感じ。要するに、もっと勉強せぇよというお話。

別に何に投資しても、しなくてもええのよ。勉強しないと、損するよ。ということである。物を知らないで投資するよりもしないほうが安全。でも知ってて投資すれば知らないで投資するよりも安全。知ってればもっと有利な投資も見つけられる。てなこと。要するに勉強せぇと。

まぁ具体的なことは、基本的にアメリカの話なので、日本でどれくらい役にたつのかわかりませんが、少なくとも僕はアメリカ在住なので、とっても面白く読むことができました。

さて、んじゃ、俺は何を勉強するべきなのかな?

気になった記述があったので、メモ

「私がやるべきことは私のお金に職業を見つけてやることなんだな。それが投資家の仕事というわけだ。私のお金の働き場所として、安全で、給料が高く、充実した付加給付を受けられ、不正や腐敗の無い場所を見つけてやらなければならないんだ。」

考えてみれば、これって、お金のことだけじゃないよな。
この本では、お金の移動速度を重視しているけど、お金じゃなくて自分だって同じだ。ひとつの場所に駐車しているのがいいことなのか、悪いことなのか、それをちゃんと見極められるように、勉強しなきゃいけない。

石の上にも三年で行くのか、それともすばやく動くのか、運を天にまかせて行動するんじゃなくて、ちゃんと勉強して、的確に行動しなくちゃいけないんだろう。

コメントを残す