玄箱ProでMovable Type

しばらく、WordPressで頑張ってみたのだが、どうにもこうにも遅い。

スクリプト1発20MByteでは128MByteのメモリではどうにもならん。そのうえ、根本的にCPUが遅い。スクリプトが走るのに時間がかかりすぎる。

もうだめだ~ってことで、Movable Typeに逆戻り。

ざくざくインストール。

mt-check.cgiで足りないモジュールを確認。

基本、必要なものは、はいっているのだが、足りないものは、apt-getでインストール。

Image::Magickはperlmagickではいる。

# apt-get install perlmagick

これをいれると、芋づる式に大量にいろいろインストールされる。

XXX::YYYというモジュールは、libxxx-yyy-perlをapt-getでインストールすればOK。

# apt-get install libgd-gd2-perl

# apt-get install libxml-atom-perl

# apt-get install libmail-sendmail-perl

# apt-get install libarchive-zip-perl

# apt-get install libipc-run-perl

# apt-get install libcrypt-ssleay-perl

玄箱の場合、CPANでいれようとすると、大変なことになる。デフォルトの状態では、gccとかそのへんの開発環境が一切はいっていないので、CPAN一発というわけにはいかない。いくつかのモジュールはaptにはいってなかったので、CPANで入れることを挑戦したが、結局、面倒なのであきらめた。

さすがに、管理画面や、再構築は、とんでもなく時間がかかるが、できあがったページをアクセスしている分には、まったくストレスがない。

コメントの投稿やトラックバックに時間がかかるかもしれないが、まあ、しゃあないか。あとで、ちょっとづつ、最適化するとしよう。

それにしても、全部の記事を再構築するのに、6時間もかかるって。。。

コメントを残す