芝刈り機

芝刈り機買ってみた。

20 in. 40-Volt Brushless Lithium-Ion Cordless Self-Propelled Walk Behind Mower – Two 5.0 Ah Batteries & Carger Included

日本で同じものが買えるのかどうかわからない。

Home depotのWebで購入。4月29日に発注して5月2日に到着。アメリカのRYOBIはHome depotと専売契約なのかな。

箱を開けたらこんな感じ。電池と充電器は事前に取りだして充電してる。

中身をぶちまけてみた。

裏返すとこんな感じ。刃はすでに装着済み。この刃がぐるぐる回って芝を刈る。

この刃が石に当たらないように注意する必要がある。

エンジン式は傾けるとオイルやガソリンが漏れだすけど、電気式の場合、こうやって立てて収納できる。

組み立てるとこんな感じ。ちょっとしたストローラーですな。

この扉をぱかっと開けて充電池を入れる。2個の充電池を収納できるが、結線されているのは1つ分だけ。もうひとつは、ただの収納庫。片方の電池が空になったら、自分で入れかえる必要がある。

調達した充電池は、40V 180Wh 5.0 Ahを2個。1回の充電で1/2エーカーの芝が刈れるって書いてあるから、うちの庭なら、1個で足りるけど、芝刈り途中で電池が切れたらやる気がなくなるので予備を含めて2個。

操作はいたって簡単。

黒の横断しているレバーが安全レバー。こいつを離すと全停止。

真ん中の緑のボタンが刃の回転スタートボタン。

緑のレバーが前進レバー。こいつを離すと前進が止まる。

あとは、スピード調整スライダーがある。

黒いレバーを握って、真ん中の緑のボタンを押して刃をスタート、緑のレバーを握って前進、芝を刈る。

その他、本体の横に芝の高さ調整レバーがある。1 1/2インチから4インチで、7段階。

エンジン式よりも確かに静かだけど、そこそこうるさい。刃の回転するときの風切り音なのかなぁ。ブーンという音がする。

最初はおっかなびっくりで操作。速度も最低速で芝の高さも4インチで。4インチだと刈れてるのかどうかよくわからんという妻の指摘で、1 1/2インチで。おおおお、芝刈りだ。

充電式だとパワーが無いみたいなことが書かれていたけど、パワー不足は感じない。うちの前庭はちょっと斜面になっているのだが、ちゃんと登っていく。小枝くらいだったらバリバリ粉砕。

芝の濃いところと薄いところで刃の回転の速度なのかパワーなのかを変化させている模様。音が変化する。これで電池の持ちを良くしてるのかな。

実験として、花壇に溜っていた落葉を芝の上にばらまいて、その上を芝刈り機で通り抜けてみたけど、きれいに落葉を粉砕。こりゃ便利。今年の落葉集めは芝刈り機で粉砕だな。

ビャーッと一直線に刈っていき、緑のレバーを離して停止、ぐるっと向きを変えて、ビャーッとの繰り返し。

向きを変えるときにちょっと重たく感じるけど、まぁこんなもんでしょう。妻も試してみたけど、普通に刈れてました。

妻曰く、そんなに楽しくない。今度は乗るやつを買おう。

僕としては、でっかい重い掃除機をかけている気分でした。

結局充電池1個では足りず、2個目の半分いかないくらいで庭を全面終了。1個目の電池が終るときも、徐々にパワーがなくなっていくわけではなく、ストンと電源が落ちる。

全体の作業時間は3ー4時間ってところでしょうか。最初はいろいろ実験したりし、作業に慣れなくてモタモタしてたんで。慣れたら2時間で充電池1個で庭全面の芝刈りがいけるんではなかろうかと。真夏の暑い中、2時間くらいが限度だろうし。

やっぱり芝を刈ると庭が綺麗に見えるな。たとえ雑草まるけだったとしても刈ってしまえばわからなくなるし。さぁ次は雑草や害虫との戦いだな。

芝刈り機をRYOBIの40Vにしたから、冬に調達予定の雪掻き機もRYOBIの40Vに決定。

コメントを残す