Microsoft Surface Precision Mouse

以前調達したMicrosoft Surface Keyboardがしこたま快適なので仕事用にもう一台調達。ついでにPrecision Mouseも調達。

仕事ではDellのPCに付属のキーボードを使っていたのだが、家で使っているMicrosoft surface Keyboardがしこたま快適。

気になるのは1点だけ。省電力がきついのか、ちょっと間を置いてキーボードをたたくと、一瞬復帰の分だけ止まること。ちょっとの間といっても、となりのラップトップで作業してたりとかそんなことなんで、めったにおこらないんだけど、ふと気になる。とはいえ、それ以外はしこたま快適。

ということで仕事場でも同じキーボードとするべく、もう一台購入。たまたま、Open Boxで$15値引きされてたんだよね。

その際、以前から興味があった、Precision Mouseも購入。

パッケージは凝らんでええよ。昔のIntelli Mouseみたいにバルクで出たらええのに。

パカっとあけるここれ。なんか絵みたいな写真だな。

中身はこんな感じ。あ、充電式だった。キーボードが電池式だったから、マウスも電池式と勘違いしてた。

USBで繋ぐと充電しながら有線マウス。USBをはずして、Bluetoothでワイヤレスマウス。

ホイールは、Intelli Mouseのようにクリック感ありと、ぬるぬるしたやつとを切りかえられる。背中のホイールの手前のボタンを押すと切りかわる。こりゃおもしろい。

ホリールは横には動かない。

親指位置にボタンは3つ。真ん中はデフォルトでTask Viewに割り当てられている。あとは、進むと戻る。

Microsoft Mouse and Keyboard Centerなるアプリを使うといろいろカスタマイズできる模様だが、しばらくデフォルトで使うとする。背中のホイールのクリックとぬるぬるとのボタンには機能は割り当てられない。

親指ボタンが3つある都合、戻るボタンの位置がIntelli Mouseよりも微妙に手前になるので、ちょっと慣れた必要。

結構快適かもしれない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください