Movable Type 3.3

Movable Type 3.3がリリースされました
CagylogicはMovableTypeを利用しています。早速アップデートをしてみました。

アップグレードのためのマニュアルがあるので、それを見ながらちまちまと作業します。

以下の文章は僕の環境でのメモです。多少いじってます。

1.ダウンロード

Movable Type 3.3をダウンロードします。ダウンロードはSixApartのこちらから。
今回からECバイヤーズという会社のページからダウンロードすることになる。

名前とメールアドレスの入力すると、URLの書かれたメールが届く。そのURLにアクセスして、メールに書かれているダウンロード認証キーを入力するとダウンロード画面に到着。

残りのダウンロード回数: 3回

なんか嫌な感じぃ。

ダウンロードされてくるファイルは、MT-3_3-ja.zip。あれ?今まであったtar.gzが無い。。。

なんか嫌な感じぃ。

2.バックアップ

バックアップ。何はともあれバックアップ。

MTのフォルダ、データベースのフォルダ、Webのフォルダをバックアップ。
ついでに、MySQLデータベースのバックアップ。

これは週1でやっているバックアップのスクリプトを動かすだけ。
ちなみに、データベースのバックアップは、

$ mysqldump -a --user=USERNAME --password=PASSWORD DATABASE > FILENAME.mysql

リストアは

$ mysql --user=USERNAME --password=PASSWORD DATABASE < FILENAME.mysql

です。

3.以前のバージョンの削除

マニュアルには「以前のバージョンのデータの削除」とありますが、実際はデータじゃなくてアプリケーションの削除です。いきなり消すのは怖いので、名前を変更するだけ。MTのフォルダと、mt-staticのフォルダの名前を.oldにしておきます。ついでにarchiveのフォルダもimageを残して掃除しておきます。

4.新バージョンの導入

MT-3_3-ja.zipを展開。cgiのフォルダに移動。僕はcgiのフォルダとwebフォルダを別にしているので、mt-staticフォルダをwebフォルダに移動。

5.プラグインの回収

今まで使っていた環境のプラグインを新しい環境のpluginsフォルダにコピーする。

6.環境設定ファイルの復旧

バックアップの中にある、mt-config.cgiをコピーする。
ついでに、

AltTemplate feed results_feed.tmpl

という記述を最後に入れておく。

7.ログイン

ログインして、次へを押すと、DBのアップデート作業が始まります。
とりあえず、再構築をかけます。

なんか再構築、遅くない?かな~り遅い気がするんですけど。

8.検索結果テンプレートの修正

今までは、search_templatesフォルダの中のdefault.temlファイルを直接編集していたが、こいつを編集しても反映されなくなった。
MT管理画面の環境設定->テンプレートの中の、システム内に、検索結果というテンプレートが用意されていて、こいつを編集することになっている。

こいつに、今までの編集を反映。

んでも、なんか検索遅い。
まぁ検索が遅いから、新しくタグなんて機能ができたんでしょうけどね。

コメントを残す