BROTHER HL-L2360DW

先日、プリンタの電源が入らないことに気がついた。

とうとう、駄目になったか。ということで、新しく、BROTHER HL-L2360DWを調達。

今まで使っていたのは、Brother HL-5280DW

購入したのは、2007年1月。既に10年選手。今年に入って、何度か「トナーが残り少なくなっています」って警告がでていたのだが、トナーカートリッジをゆすったりして、騙しだまし使っていた。だって、こんな古いプリンターのトナーって新しいプリンタを買うより高いんだもん。

HL-5280DWはWiFiだったんだけど、WiFiのセキュリティが古くって、今のRouterの設定にあわないもんだから、有線で使ってたんだよね。

ということで、新しく、HL-L2360DWを調達。

こっちだとHL-L2360DW、日本だとHL-L2365DW。

機能はほぼ同じ。単純な白黒レーザープリンタって選択肢が少ないんだよね。このプリンタ、無線で使えるし、両面印刷できるし、インクジェットみたいにしばらく使わなかったからといってインクが固まって使えねえってこともないし、立ち上がりはそこそこ速いし。便利なんだよね。

内容物はこんな感じ。

電源ケーブルははずれないやつだし、最近はUSBケーブルもついてないのね。

ドラムユニットの保護カバーをとっぱらって、

トナーカートリッジの保護カバーをとっぱらって、

ぱこっとインストール。

まずは、USBで繋いだ状態でドライバの設定と動作確認。

そのままワイヤレスの設定をして、無線でのドライバの設定。

前のプリンタのときに、いきなりワイヤレスの設定をしようとして、自分で何やってんのかわけわからなくなったので確実に。

さくっと使えるようになりました。

 

コメントを残す