iRobot Roomba 500 Series

iRobot社から、新しく、Roomba 500 Seriesが発表された。


iRobot Roomba 500 Series

僕は、右絵のアイコンにあるタイプ、Roomba Scheduler Valuuming Robot with Inteli-Binというタイプを持っている。iRobot社はこれらのRoombaシリーズを一新した模様。

500シリーズということで、570、560、530がWeb上で現在購入可能。それ以外にも、Sage Vacuuming Robot、Red Valuuming Robot、それに400というタイプが出ている。

一番、高価な、Roomba 570 Vacuum Cleaning Robotで$399.99-となっている。

さて、何が変わったか。

興味深いのは以下の通り

  • New Virtual Wall® Lighthouses allow Roomba to completely vacuum one room before moving on to the next and create invisible barriers to off-limit areas that Roomba will not cross. 
    今まであった、Virtual Wallではなく、新しく、Virtual Wall Lighthouses (灯台)がRoombaの行き先をコントロールできること。これは、一定時間、壁をふさぎ、ひとつの部屋を掃除させたあと、その壁を取り除くことにより、隣の部屋に進めるということができるようす。ひと部屋づつ掃除することにより、よりひと部屋ひと部屋奇麗に掃除しようということらしい。
  • Improved soft-touch bumpers reduce impact on furniture and other obstacles.
    今までは、容赦なくがんがん壁なり家具なりにぶつかっていた。ぶつかって初めてバンパーと呼ばれるタッチセンサーが反応して方向を変えていた。新しいシリーズでは、距離センサーを使って事前に壁を検知し、壁の近くになると自動的に速度を落として、壁にがしがし当たることを防げるらしい。
  • Improved anti-tangle technology keeps Roomba from getting stuck on cords, rug fringe and tassels.
    今までは、カーペットのヘリにある、びらびらなどを巻き込んで止まってしまうことがよくあった。しかし新しいシリーズでは、anti-tangle technologyと呼ばれる、たとえ巻き込んでしまっても自動的に取り除き、掃除を続けられるような機構が追加された。

    う~ん。$400かぁ。欲しいじゃないか。とはいえ、今ので十分なんだけどね。 

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください