Food Slicer

以前から欲しかった、フードスライサーを買ってみた。

アメリカでは、薄切り肉を買うには、日本食スーパーに行って買う。

分量もパッケージも日本仕様になっていて、とっても便利。

一方で、普通のスーパーでは、巨大肉を塊で売っている。これが安い。

ただ、塊。こいつをスライスできたら、便利なのになーと以前から思っていた。

“Waring Pro food Slicer ワーリングプロ 電動フードスライサー / ミートスライサー 海外発送” (Waring Pro)

たまたま、Livermoreのアウトレットに出かけたときに、キッチン用品のお店で見かけたので調達。$80。

開封の儀。思ったよりシンプル。

厚さの調節は、後ろのレバーというかダイアルで。

最大の厚さにするとこんな感じ。

一番薄くするとこんな感じ。と言っても、仕様書には0.5インチまでと書かれているので、どこまで薄く切れるかは試してみないと。

この手のフードスライサーで気になっていたのは、どこまでバラバラに分解できて、水洗いできるかどうか。

とりあえず、歯は外して、洗える模様。

テーブルも外せた。水洗いOKとは書かれてないけど、洗っても問題無さそう。ただ、裏側にちょっと水が貯まる。ちゃんと乾かさないと。



ということで、まず、パンをスライスしてみた。

歯の回転は思ってたよりもかなりゆっくり。

パン程度の硬さのものを歯に押し当てても、モーターの音が変わるので、力はあんまり無いかも。

表の被害はこんな感じ。このへんに肉のかすが貯まるのね。

裏は、ギアが格納されている分、厚みがあるので、そこには汚れがつくかと予想。

下もカスが 溜まっています。

実際に肉を切ったら、歯に細かい肉のクズがまとわりついて、周りに飛び散る予想も。

厚みのせいで、パンがちょっと曲がるなぁ。

で、肉の塊、試してみた。動画撮るの忘れた。

生肉じゃだめだな。歯に巻き込まれてぐずぐずになる。軽く凍っててもらわないと。。。ということで、数枚スライスしたところでギブアップ。冷凍庫に投入。凍るまで待つ。

で、凍るまで待つ間、被害状況の確認。

まず、歯にこびりついた肉が、ぐるっと一周、あちこちに展開される。

肉が柔らかすぎて巻き込んだ部分にも。。

歯を外したところがこんな感じ。数枚の肉であちこち来てるね。

モーターは下にあって、この部分は歯車のみなので、多少濡らしてもいいから、濡れ雑巾でガッツリ拭ける。

大体の汚れる範囲が特定できたので、次回挑戦するときは、予め、ラップで防御しておく予定。

今の塊が凍るまで、しばしお待ち。。。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください