カジノクラブ

久々にラスベガスのカジノに行ったのでそのレポートを少々。


カジノクラブのメンバーカードが、ホテル間で提携を結んでいました。
今までじゃらじゃらとカードをいろいろ持っていたのですが、枚数が減らせそうです。
今回新しく確保したカードは3種類。うち2種類が提携カードでした。


Players Clubカードの表と裏。名前と会員番号の部分は黒く塗りつぶしてあります。このカードは、Beau Rivage, Bellagio, Golden Nugget, MGM GRAND Las Vegas, MGM GRAND Detroit, The Mirage, New York-New York, Treasure Islandの8つのカジノで使えるようです。実際には、Bellagioでしか試していませんが。。。今回は1300ポイントほど貯めて、1000ポイントの時点で$10のキャッシュバックを取りました。おそらく1%とか0.5%とかだと思います。<いい加減だなぁ。


こちらはParkPlaceというグループのカードの裏表。これは、Bally’s Caesars, Framingo, Hilton, Parisで使えるようです。ちなみにこのカードはCaesars Palaceでもらいました。他のホテルでもらうと他のデザインかもしれません。前のカードをシーザースパレスのスロットに刺したらエラーになりましたが、交換するときには「昔のカードでも使えるはずだけどね。」といわれました。


ちなみに、こちらはSanRemoのカード。ここは提携してないようです。ただここもカードが変わっていました。以前は、穴あきカードでしたが、磁気カードになっています。
あと、スロットの払い出しが、コインではなくて、バーコードのプリントアウトが出せるものが結構見つかりました。これ、便利です。
今までだと、ある程度出たあとに台を移動しようとすると、コインの払い出しをやって、コインを持って移動してたのですが、スロット内のコインが足らなくなって、係の人を待つのがとってもうっとうしかったんです。それこそ、30分以上待たされます。本部ではどのスロットが係の人を必要とするか、コンピュータ制御でわかっているはずなのに、えらく待たされていました。これが、紙切れを起こさない限り、プリントアウトが出てくるだけになったので、コインの払い出しの問題がなくなりました。もちろん、コインが欲しければそのような操作をすればコインが出てくるようです。
まず、CASH OUTのボタンを押します。すると、もう一回CASH OUTのボタンを押せば印刷されますし、SPINを押せばコインが出てくるようです。実際には、紙ばっかり試していたのでコインを出すのは試していません。
ただ、コインの枚数が少ない場合は自動的にコインが出てきます。
この紙は、スロットマシンの紙幣を入れるところに差し込めば、再びクレジットが増えます。また、CHANGEのブースでも現金に換えてくれます。
Bellagioでは全体の半分くらいのスロットが、この形態に変わっていました。印刷のときはちゃんとコイン払い出しの電子音がなります。
まぁあの払い出しの音が好きだという人には不評でしょうが、はまりそうだなと思ったときに、気楽に台を変われるのはとっても便利です。
昔からあった、JeoPartyというスロットが減っていました。以前はどこのカジノにもあったのですが、ベラッジオでは見かけませんでした。
クイズ100人に聞きました。みたいなスロットがありました。
スロットを回して最後のリールでボーナスゲームの絵柄が出ると、ボーナスゲームに突入。上の液晶の画面でクイズ100人に聞きましたの問題がでます。回答は2択で、どちらかを選ぶとその回答の人数と同じだけコインが出ます。
が、
まぁこれもかなりいい加減で、適当にやっても同じだけ出るようです。2択ですから、おそらく正解無しになったりしている模様です。2択のどちらとも、「こんな答えありえへん。」ってのが出てましたから。。。
厳密に物知りだと得なのかもしれませんが、あんまり関係なく出てました。まぁ問題が読めるとちょっとだけ楽しいです。
今までBellagioは高級ホテルの印象が強くて、カジノのレートもきついんだろうなぁと思っていたらそれほどでもありませんでした。
さすが、CrapsはMinumが$10でしたが、ルーレットもMinumが$10でしたし、BJもMinが$10とか$15でした。最終日には$5のBJも出ていました。(最終日は平日だったからかも。Crapsも$5のテーブルがあったような気が。)
んでもやっぱりレートは高く、$100とかが普通に並んでましたし、普通に客がついていました。
んでも、高級ホテルだけあって、ディーラーの印象というか態度というのはとても教育が行き届いている感じがしました。以前に比べて多少英語がわかるようになったからかもしれませんが。。。
今回はCrapsはやるチャンスがありませんでした。まぁ親と一緒に行っていて、どかーっとかけるわけにもいかないので、ちびちびやっていて、どうにも勝てる気がしなかったものですから、カジノは控えめでした。
どかーってかけないってことは、掛け金が一定になってしまうので、運の波にあわせて掛け金を上げ下げできないので、負け始めると回収の見込みがなくなってしまうからです。
やっぱり経済レベルが同程度の友達と行くか、一人で行くかの方がいいようです。
最近はカジノもだいぶ飽きが来ているので、今後も行き続けるかどうか未定ですが。。。
とはいいつつも、今回は$500-くらいはやられています。。。
中途半端な金額ですのぉ。。。
今回は大きな当たりもありませんでしたし、大はまりもしてませんからこんなもんでしょう。
出し入れが少なかったです。
大体、2日いて、1000ポイントなんて少なすぎる。。。
以前なんて、数時間で1000ポイント超えてた気が。。。。

コメントを残す