iMac 27 inchiにWindows 7 64Bitを入れたときの画面の色数

BootCampを使って、iMac 27 Inchiに、Windows 7 64ビットを入れたのだが、なーんか、画面に縞が出る。

巷でいわれている画面が黄色くなったり、フラッシュしたりすることはないんだけど、グラデーションのビットマップなどを表示すると、縞が出る。なんとなく、32ビットカラーじゃなくて16ビットからーになってる感じ。

ということで調べてみた。

Windows 7のログイン画面からして、まだらになってるんですけど。。。。

ここにあるビットマップを表示させて、いろいろ調査。

まず、Mac OS上で表示。滑らかに、きれいに表示される。問題なし。

で、Windows 7 64Bit上。このビットマップが、四角で覆いつくされている。滑らかさが足りなくて、色に段がついていて、その段が四角く見えている模様。

image

ドライバの設定のところは、ちゃんと、True Color (32 ビット)になっている。

ここで、あえて、High Color (16 ビット)に切り替えると、縞の間隔が広がる。ということは、16ビットよりは高階調で描画されているということ。

同様の症状は他でも出ているようで、Apple Discussionsでも議論されている。どうも、BootCamp3.1を入れたあたりから、この問題が発生している模様。

Boot Camp 3.1では、ビデオドライバを8.681にアップデートするのだが、こいつが怪しいとな。

ほんじゃってんで、AMDから最新のドライバを入れてみる。

今まで、nVidia一本だったんで、ATIに関しては初心者。へぇ、Catalystなるものを入れるのね。10.1をインストール。

で、、、

なんもかわらん。ドライバのバージョンも変わらん。8.681。

つまらんってんで、アンインストール。。。

と、、、

治った。なんで~~~???

image

Catalystをアンインストールするついでに、最新版の8.681もアンインストールされちゃったみたい。Windows 7を入れた直後、まず、MacOSのDVDからBootCamp入れて、その後、BootCamp3.1をインストールしたから、それで、一個前のは生きてたのかな。

ということで、縞々が治りました。

よくわからん。

そのうち、Appleから修正されたドライバが提供されるかな。

 

んでも、BootCampに入ってたドライバって、Windows7のインストール時に画面がまっくろになるやつなんだよね。

これで、画面が黄色くなったりフラッシュしたりしたら、いやだなぁ。

いまんところ、大丈夫そうだけど。。。。

コメントを残す