アメリカからAmazon.co.jpで買い物をする

amazon.co.jpで本の注文をした。
アメリカに住んでいても、amazon.co.jpで買い物はできる。送料は有料である。

詳しいことは、ヘルプデスクに書かれている。
一番安い、国際エコノミー便は船便で、大体2~5週間で届くとある。過去の経験から、大体2週間ちょっとで、このベイエリアまで届くようである。

本を発送すると、1回につき1200円の配送料と、1点あたり300円の手数料がかかる。本1冊だけを送ると、1200円+300円で1500円の配送手数料がかかることになる。

ということで、どうせ買うならまとめて買ったほうが、最初の1200円が分散されるのでお得である。最初の1200円は、どれだけたくさん買っても1200円である。

たとえば10冊の本を買えば、1200円+300円x10冊で4200円の配送手数料。1冊あたり420円である。

今回amazon.co.jpで購入した本は合計9冊。小計が33100円。配送手数料が3900円。合計で37000円である。
さて、これが高いと感じるか、安いと感じるか。

SanJoseに紀伊国屋という本屋がある。これは、日本の紀伊国屋のSanJose支店のようなものである。ここに行けば、いわゆる日本の本が手に入る。例えば、Winnyの技術。これなんかも、$33.60で置いてある。

日本で買えば、2520円。SanJoseの紀伊国屋で買うと$33.60である。今日現在、$1=118円前後であるから、3965円になる計算である。紀伊国屋レートでは$1=75円換算のようである。

だからと言って、紀伊国屋がぼったくっているわけではない。amazon.co.jpWinnyの技術を1冊買うと2520円に、1200円+300円で合計4020円になる。

紀伊国屋ではコミックも買うことができる。例えば先日買った頭文字(イニシャル)D (32)は、紀伊国屋で、$7.15で購入した。$1=118円で、844円である。amazon.co.jpでは、540円に1200円+300円で2040円になってしまう。

紀伊国屋のメリットは、現物を見ることができることである。実際、本屋で現物を見て買いたいことがよくある。自分には難しすぎる本なんじゃないか、簡単すぎる本なんじゃないか、など、手にとって確認したいことはしょっちゅうである。雑誌などは特集の内容によって買ったり買わなかったり。本屋で本を眺めていると、ふと思い出したように、あぁあの本も見てみよう。この本も見てみようということもある。

紀伊国屋にしても、アメリカで本屋の店舗を営業し、日本語が理解できる従業員を雇用し、そのうえ、売れ残るかもしれない本を大量に日本から送らなければならない。売れ残れば送料はまるまる赤字である。ということで大体$1=75円換算が店として成り立つラインなのであろう。僕としては、紀伊国屋も便利に使っているので潰れてもらっては困る。

ご存知のように僕はかなり紀伊国屋のいいお客さんである。もちろん紀伊国屋で手に入らない本はamazon.co.jpで購入する。実は紀伊国屋のWebページhttp://www.kinokuniya.co.jp/からも海外発送してくれる。amazon.co.jpより、0.5kgを900円で送ってくれるけど、5キロになると、9800円かかる。

細かいことを言うと、amazon.co.jpで買い物すると、カード決済時に、為替手数料をとられる。別にamazon.co.jpが取っているわけじゃなくて、カード会社が取っているわけだが、これはこれで、お金がかかるということで。。。まぁ為替の誤差の範囲なんだけどね。

今回申し込んだ本は以下の9冊。


.NETのアプリケーションアーキテクチャ―アプリケーションとサービスの設計 Patterns & practices Microsoft Corporation (著)


Essential .NET ― 共通言語ランタイムの本質 Don Box (著), Chris Sells (著)


プログラミングMicrosoft .NET Framework マイクロソフト公式解説書 Jeffery Richter (著)


解析魔法少女美咲ちゃん マジカル・オープン! やねう解析チーム (著)


いきいきする仕事とやる気のつくり方―幸せなITパーソンになるための 羽生 章洋 (著)


Winnyの技術 金子 勇 (著)


ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系 F. ブッシュマン (著), H. ローネルト (著), M. スタル (著), R. ムニエ (著), P. ゾンメルラード (著)


Joel on Software Joel Spolsky (著)


Windows Presentation Foundationプログラミング Chris Sells (著), Ian Griffiths (著)

この手のマニアックな本はやっぱり紀伊国屋では難しいです。売れないもんねぇ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください