キーボードとマウスの洗濯

キーボードとマウスが汚れているのに気がついたので、洗濯してみた。

僕が使っているキーボードはこいつ。


裏返すと、8か所のネジで止まっているのがわかるので、それをはずす。
中央の1個はステッカーの下にあるので、ステッカーを切って穴をあける。


こいつの構造は選択するのに非常によくできていて、上がきれいにカバーになっていて、中までほこりが落ちない。中はこんなにきれい。


あとは上の部分、すなわちキートップの部分を自動食器洗い機に投入して洗えばOK。

ただし、グリスが中に入っているので、それが流れ出てしまうのが気になる人は注意。

Space, Enter, Shiftなどの幅広のキーの裏に、針金で斜めに入らないような機構があるのだが、ここに、グリスが入っている。皿洗い機で洗ってしまえば当然流れ出てしまうので、気になる人はちゃんとふき取ってから洗いましょう。

僕は気にしないのでそのまま投入。

自動食器洗い機だと、勝手に乾燥に入るが、乾燥の熱でプラスチックが痛むのが嫌なので、乾燥は機械を使わず、自然乾燥。

写真を注意深く見るとスペースの横から微妙にグリスが流れ出ているのがわかる。

完全に乾かしてから、組み上げで動作確認。今、Blogがかけているので、特に問題なさそう。


次にマウス。Amazonで検索したらすでに絶版なのか、同じ型がでてこなかった。

こいつは、電池ボックスの底にネジがあるので、こいつをはずせば、全部分解できる。  赤い底は前にずらしてはずす。背中ははめ込みだが、それほど硬いわけではないので大丈夫。

こいつは、自動食器洗い機まですることもなく、ママレモンでじゃぶじゃぶ洗えばOK。

キーボードとマウスを洗うには食器用洗剤がいいぞ。泡切れがいいし。

黒い小さな部品がなんだかわからなくて困り果てたが、こいつは、Connectのボタンの延長。

飯食いながらパソコン触ったりするから、どうしても汚れるんだよねぇ。1年に1回は洗わないと。

きれいさっぱり。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください