eneloop

日本に行っていた人に頼んでeneloopを買ってきてもらった。


こんな感じ。急速充電器と単3電池と単4電池。

eneloopはSANYOが作っている、ニッケル水素充電池。自己放電が少ない充電池らしい。


中身はこんな感じ。きれいに作ってあるねぇ。
単3で、2000mAh。単4で800mAh。最近のニッケル水素電池に比べると容量は少ないが、自己放電が少ないというのが売りなので許す。

普通、ニッケル水素電池というのは、充電したあと、たとえ使わなくても勝手に電池がなくなっていく。これを自己放電という。eneloopではこの自己放電が少ないので、使っていない間に、いつの間にか電池がなくなっているということが少ないらしい。


実は、充電池は結構好きで、今までも使ってきていた。
無線マウスの電池だったり、Boseのヘッドフォンに使ったり、GPSに使ったり。

一番右のSONYの電池は10年前に買ったもの。1450mAh。

Energizerのは最近買ったもの。Energizerってのはアメリカではよく見る電池のメーカー。2500mAh。10年で7割ほど容量が増えたことになる。

一番左はLENMARというメーカーの単4電池。1000mAh。

左のSONYの充電池は電池と同じ10年前に買ったもの。単3のみ。450mAx4。
真ん中のLENMARの充電池は、単3で2.8VDCx2 150-165mA。単4で2.8VDCx2 60-75mA。おかしな表記なのは、たぶん2個の電池が直列つなぎになっているのではないかと。なんで、比較するなら、単3で75-80mAx4。単4で30-40mA。充電するのに非常に時間がかかる。

一番右の今回購入したeneloop用は単3で550mAx2。単4で380mAx2。これは非常に期待できる。

どれも、Ni-MHだけでなくNi-CdもOK。と言っても、Ni-CDの電池なんて持ってないけど。

さぁ、マウスとかヘッドフォンとか、どうなんでしょうねぇ。
せっかくなので、カメラのフラッシュにも使ってみようかな。

「eneloop」への2件のフィードバック

  1. eneloopいいよね。
    っつか、オレもむちゃくちゃ使ってます。無いと困ります。
    特にWiiとか。
    買ってきたら直ぐ使えるのもイイネ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください